メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/11/27   《Metal Pr...
2020/11/27   《Metal Pr...
2020/11/27   《Metal Pr...
2020/11/27   Fe Scrap ...
2020/11/27   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/11/27   アルミニウム圧延品...
2020/11/27   日本へのパソコン輸...
2020/11/27   アルミUBC自治体...
2020/11/27   国内アルミ新地金港...
2020/11/27   国内アルミ二次合金...
2020/11/27   高度情報化社会に向...
2020/11/27   産業用バッテリーは...
2020/11/27   小泉環境相、ハンガ...
2020/11/27   【貿易統計/日本】...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   20年10月のセメ...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...

PETボトルリサイクル月間2万トンを目指す大発関東

2018.09.19 11:52

写真 PETボトルリサイクル専業の大発関東㈱(高松毅社長 本社:東京都新宿区)は元々、関東工業としてPETボトルのリサイクルを8年前から埼玉の熊谷で行っていたが、今年、大発と合併し大発関東としてさらにPETボトルのリサイクル処理能力を拡大させつつある。

 

 現在の熊谷工場では月間4,000トンのPETボトル処理能力をもっているが、現在埼玉県加須で建設を進めている工場では6,000トンの処理能力。これで月間1万トン体制を確立できるのだが、さらに九州(北九州)でも工場進出を企図しており、さらには関西、中部地区への進出を狙っており、高松社長は「月間2万トンのPETボトルを扱っていくのが当面の目標」だとしている。

 

写真 中国ショックで同社もPETボトルの加工処理を増強し、基本的にすべてAフレークでの輸出だという。

 

 向け先として最も多いのは米国。次いで中国とのこと。仕入れるPETボトルは主に国内の飲料メーカー(ベンダー)、産廃業者からが多く、現在はPETボトルのプレス品をキロ19~20円で購入しているとのこと。ただし、熊谷工場では入りすぎて、現在は荷受けを制限しているという。

 

 

(IRUNIVERSE YT)

 

 

関連記事