メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

環境リサイクル

絞り込む  

2020/10/23   UAE企業も参加決定 豪VIC州、Suez社と日本製紙の廃棄物エネルギープラント計画

豪州現地報道によれば、現在VIC州で提案されている廃棄物エネルギープラント計画に、アラブ首長国連邦から2企業、Masdar社とTribe Infrastructure社がパートナーとして新たに参加することになったという。
詳しく見る

2020/10/23   BIRコンベンションwebinar#10 タイヤリサイクル市場に革命的なプロジェクトが進行

10月15日のBIRタイヤ&ゴム委員会のウェビナーでは、使用済みタイヤ(ELT)のタイヤやその他の製品用途の二次原料へのリサイクルに関するゲストプレゼンテーションに続いて、目に見える興奮がありました。
中国に本拠を置くGreencoreResourcesLtdの委員会のMaxCraipeau会長は、主要なクラムゴム市場が深刻な脅威
詳しく見る

2020/10/23   BIRコンベンションwebinar#9 非鉄編 中国の再生原料輸入基準で再生銅の需要はどうなる?

今年6月に開催されたBIR非鉄金属部門のeForumでは、真ちゅう、銅、鋳造アルミニウム合金の輸入を対象とした、中国が提案した「リサイクル材料」再分類システムをめぐって多くの議論が交わされた。これは7月1日に発効すると広く予想されていましたが、結局のところ11月1日から新制度の運用を開始することとなった。
詳しく見る

2020/10/23   欧州からの風#144 「英国政府、合同ケミカルリサイクルプロジェクト支援へ」

英国のEdie.netが伝えたところによると、ユニリバー社と合成燃料大手Neste社らのケミカルリサイクルプロジェクトが、英国政府(UK Research and Innovation)から310万ポンドの支援を受けることが決定した。
詳しく見る

2020/10/23   欧州からの風#143 「EC最終調査報告における行方不明の車両状況②」

欧州のELV指令の見直し作業における最終報告書が先頃やっと公開されたが、その中で優先検討事項の一つとして挙げられているのは、EUにおける行方不明車両の数である。その原因について、最終報告書の中で結論付けられている内容を報告した①に続き、(関連記事:欧州からの風#141 「EC最終調査報告における行方不明の車両状況①」)ここで挙げられた項目に関して現行指令における査定作業の最終結論と改定項目につながる提案内容を報告する。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ