メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

環境リサイクル

絞り込む  

2020/01/31   Battery Summit 2020 電池の今と将来を熱く語る(第二部)

概況第二部は講演会の後編。同志社大学の盛満先生、一般社団法人サステイナビリティ技術設計機構代表理事の原田幸明先生、ベルギーUmicoreからJeroen Heulens博士、そして、大トリに登場したのがタレント並みの人気で、来場者の皆様も待ってましたとばかりにさっそうと登場した旭化成名誉フェロー吉野彰先生だった。
詳しく見る

2020/01/31   Battery Summit 2020 電池の今と将来を熱く語る(第一部)

2020年1月30日、前日までの季節外れの雨続きが嘘のような冬晴の快晴の中、都内学士会館でバッテリーサミット2020が行われた。ノーベル化学賞受賞された吉野彰先生を含む7人が、電池の技術とそれを利用した社会、今までと今後の姿を語られた。吉野先生登場とあって会場は約200名の参加者で埋まった。
詳しく見る

2020/01/31   【貿易統計/日本】 2019年12月の日本のインジウム輸入統計

【貿易統計/日本】 2019年12月の日本のインジウム輸入統計
詳しく見る

2020/01/31   【貿易統計/日本】 2019年12月廃プラスチック輸出入統計

【貿易統計/日本】 2019年12月廃プラスチック輸出入統計
詳しく見る

2020/01/30   ザルツブルグからの風#4 バッテリーの火災事故を防ぐには?

ザルツブルグレポート2は、「バッテリー密度VS安全性」と題されたワークショップに出席した模様を報告する。
このワークショップは、1月24日の午前中にプラントツアーと同時進行で行われたため、参加者は10名足らずだったが、和気藹々とした雰囲気の中、バッテリー関連業者、業者団体と規制コンサルタント会社から6名が上記テーマでプレゼンテーションを行った。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ