メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

環境リサイクル

絞り込む  

2019/11/30   水銀徒然草 特別篇 水俣条約稼働前夜

現在、最も新しい多国間環境条約である「水銀に関する水俣条約」は、2013年に熊本市で生まれました。50か国の批准により2017年に発効後、今年まで都合3回にわたる締約国会議を経て条約の中身を詰めてきました。条約の取り決め文書のうち、来年から実施フェーズに入るための細かい条件が第三回締約国会議(COP3)で厳しい議論にさらされているさなかに、現地ジュネーブでこの原稿を書いています。
詳しく見る

2019/11/29   信頼の「地産地消リサイクル」が新しい!前田産業 衣浦工場 訪問記 その2

愛知県の南部、碧南市に位置する前田産業・衣浦工場を訪問。価格競争とは一線を画する「リサイクルの地産地消」や、マイクロプラスチックへの対応など、100年の歴史をもつ4代目、前田俊輔氏から今後の展望を含めて話を聞いた。
詳しく見る

2019/11/29   信頼の「地産地消リサイクル」が新しい!前田産業 衣浦工場 訪問記 その1

愛知県の南部、碧南市に位置する衣浦は、臨海工業地域として発展してきたエリアだ。この地に10年前に単身降り立ったのが前田産業の豊田営業所を立ち上げた前田俊輔氏。豊田営業所の衣浦工場は、プラスチックパレットに特化した再生事業により、斬新かつ合理的なリサイクルを展開している。取引先との信頼が品質保障につながる「リサイクルの地産地消」に
詳しく見る

2019/11/29   【貿易統計/日本】 2019年10月廃プラスチック輸出入統計

【貿易統計/日本】 2019年10月廃プラスチック輸出入統計
詳しく見る

2019/11/29   海外からも注目を集める丸繁製菓のイートレイ 脱プラスチック社会へ向けて

今年のG20外相会合は日本が開催地となり、11月22日、23日に愛知県名古屋市にて行われた。豪州及びニュージーランドでは、その中で紹介された丸繁製菓のイートレイこと“食べることのできる容器”が、環境に優しい選択肢、新たな視点・取り組みとして評価されたようで、Australian Financial Review紙とNZ Herald紙それぞれに記事が掲載された。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ