メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

環境リサイクル

絞り込む  

2020/04/30   再生可能エネルギーに対して2つの見方 アフリカは推進派

クライメートニュースの4月27日の記事では、 “2020年は石油価格のダウンだけでなくコロナウイルスの猛威で再生エネルギービジネスは悪化”と述べている。スペインのイナジー社は“太陽光発電のビジネスは終わった”とも述べている。買取価格の低下や太陽光関
詳しく見る

2020/04/30   【貿易統計/日本】 2020年3月廃プラスチック輸出入統計

【貿易統計/日本】 2020年3月廃プラスチック輸出入統計
詳しく見る

2020/04/30   シリーズ コロナショックの今#29 試練に備える再生プラスチック事業者

東海地方でプラスチック再生事業に取り組むとある事業者。工場での勤務体制を交代制としたことで生産量が減少し、母材が滞留する傾向にあるものの、売り先へは今のところ流れている状況だという。先の見えない状況下での対応と対策、アフターコロナについて話を聞いた。
詳しく見る

2020/04/30   シリーズ コロナショックの今#28 遊技機リサイクラーは語る、パチンコ店は100%影響を免...

遊技機(パチンコ、パチスロ)のリサイクルを多く取扱うリサイクラーに、現今のコロナショックの影響を聞くと、入荷状況などに変わりはないが先行きは、まったく不透明であると語った。軒並みパチンコ、パチスロ店が新型コロナの拡大抑制に向けて営業を自粛しているなか、ホール業界は、このコロナ禍を100%免れないと語った。
詳しく見る

2020/04/30   ミシュランとエンバイロ社、使用済みタイヤ原材化テクノロジー開発で提携

廃棄される毎年約10億本のタイヤを熱分解テクノロジーでリサイクル
ミシュラン(日本法人:日本ミシュランタイヤ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:ポール・ペリニオ、以下「ミシュラン」)は、使用済みタイヤをリサイクルする熱分解テクノロジー※の大規模な開発・事業化を目指してEnviro社(本社:スウェーデン、以下「エンバイロ」)との提携を進めている。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ