新着情報

2024/02/27   第9回バッテリーサ...
2024/02/27   大栄環境:リサイク...
2024/02/27   パナソニックエナジ...
2024/02/27   住友金属鉱山:PT...
2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...

先の見えない世界経済 世界の電子産業、自動車産業の現状を見る

米国と中国の覇権をかけた貿易戦争の行方は混沌とした様相を呈してきた。米国の経済は今のところ順調である(自動車売上はやや低調ではあるが)。トランプ大統領の功績というよりもオバマ前大統領の遺産を引き継いでいるだけであるとの評価もある。ただし、2008年のいわゆる「リーマンショック」の引き金となったサブプライムローンとよく似た金融商品が出回っておりブームとなりつつあり、いつかきた道にならねばよいが、と思う。一方世界全体の経済は下降気味である。自動車販売台数が下振れしている。 今回は最近話題となっているテーマを電子産業、自動車産業それぞれ拾ってみた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る