メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/02/22   MARKET TA...
2020/02/21   タイDFT(外国貿...
2020/02/21   21日の中国鋼材ス...
2020/02/21   IRRSG2020...
2020/02/21   豊通オートモーティ...
2020/02/21   20年1月粗鋼生産...
2020/02/21   米国政府、ロシア、...
2020/02/21   《Metal Pr...
2020/02/21   《Metal Pr...
2020/02/21   《Metal Pr...
2020/02/21   《Metal Pr...
2020/02/21   電子工業生産(速報...
2020/02/21   アルミナ豪州FOB...
2020/02/21   (速報)2020年...
2020/02/21   国内半導体製造装置...
2020/02/21   半導体メモリ生販在...
2020/02/21   2018年の国内半...
2020/02/21   BASFCanad...
2020/02/21   ザルツブルグからの...
2020/02/21   古紙リサイクル・ク...

銅建値変更 20円引き下げの700円 亜鉛据え置き、真鍮削粉引き下げ

2020.01.24 10:28

 24日、JX金属は国内銅建値をキロ当たり20円引き下げ700円に改定。現在までの平均値は712.6円。1月スタート含め5回目の改定。

 

 また亜鉛建値は据え置きのキロ322円。現在までの平均値は316.3円。黄銅棒メーカー日本伸銅は1月第5回目の真鍮削粉単価について12円引き下げの513円とした。

 

 

LME銅相場の推移(US$/ton)3か月グラフ

グラフ

 

 

為替相場の推移(円ドルTTS)3か月グラフ

グラフ

 

 

国内銅建値の推移(JPY/kg)3か月グラフ

グラフ

 

 

 LME銅相場は、現地23日時点でさらなる中国新型肺炎拡大懸念から大台6,000ドル割れ、前日比119ドル安、5,987ドルで大引けとなった。加えてリスク通貨としての円が買われ円高に振れたことも下押し要因となった。

 

 

 (IRUNIVERSE S. Aoyama)

 

 

関連記事