新着情報  - News -

2022/10/03   2022年1-7月...
2022/10/03   日本の中古車輸出動...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   NESTE、出光興...
2022/10/03   古河電池 市販向け...
2022/10/03   DOWAホールディ...
2022/10/03   三井金属、2022...
2022/10/03   三菱マテ、2022...
2022/10/03   仏Solvay社、...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   住友金属鉱山:コー...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年09月フ...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   二次電池輸出Rep...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022アジア国際...

希土類(レアアース)産業の行方その1 短期的かつ長期的にみると・・サムウッド川崎副社長に聞く

2020.05.18 16:28
アフターコロナの本格的なデジタル、環境重視時代には希土類(レアアース)がEV(電気自動車)用モーター向け、HV(ハイブリッド車)用の電池(Ni-MH)とモーター向け、ドローン、AI向けなど再び脚光を浴びる可能性は高い。足元はコロナショックによる経済活動の人為的な低下によりレアアースの需要、相場ともに冴えない展開ではあるが、このレアアース市場の短期的、長期的な見通しについてレアアース&マイナーメタル専門商社サムウッド社(東京・内神田)の川
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事