メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/11/27   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/11/27   アルミニウム圧延品...
2020/11/27   日本へのパソコン輸...
2020/11/27   アルミUBC自治体...
2020/11/27   国内アルミ新地金港...
2020/11/27   国内アルミ二次合金...
2020/11/27   高度情報化社会に向...
2020/11/27   産業用バッテリーは...
2020/11/27   小泉環境相、ハンガ...
2020/11/27   【貿易統計/日本】...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   20年10月のセメ...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   東京製綱:決算説明...
2020/11/27   国内パソコン出荷事...
2020/11/27   IRRSG onl...
2020/11/27   コンテナ不足でフェ...

グレンコアのKamotoカッパー銅鉱山(DRコンゴ)でコロナ感染者6名出る

2020.07.10 12:36

 コンゴ民主共和国(DRコンゴ)のルアラバ州(Lualaba province)にあるグレンコアのカモトカッパーカンパニー(Kamoto Copper Company mine)鉱山の6人の労働者がコロナウイルス陽性を示した。銅およびコバルト鉱山労働者は、スクリーニングおよびテストされた労働者の誰もがCOVID-19の症状を示しておらず、彼らは医学的監督下で自宅で隔離していると述べている。

 

 KCCは、過去3か月にわたって健康と衛生管理を強化したとのこと。地方の監視チームは、陽性反応を示した労働者と接触した人々を追跡している状況。

 

 KCCの声明ではこれが今後の生産に影響が出るかどうについては言及しておらず。

 

 グレンコアは、コンゴのユニットであるカタンガマイニング( Katanga Mining)を通じてKCCの75%を所有している。カタンガマイニングでは4月、今年のコバルト生産目標を29,000トンから26,000トンに削減している。

 

 

(IRUNIVERSE)

 

 

関連記事