メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/09/24   南アFeCr Me...
2020/09/24   豪州、技術投資ロー...
2020/09/24   8月粗鋼生産は前年...
2020/09/24   ドクターE 江守哲...
2020/09/24   二次電池PSI-R...
2020/09/24   国内半導体製造装置...
2020/09/24   【プラスチックを読...
2020/09/24   国内半導体生産Re...
2020/09/24   LME相場急落で、...
2020/09/24   リコー、環境省「脱...
2020/09/24   三洋化成、リサイク...
2020/09/24   一廃プラは資源にな...
2020/09/24   MARKET TA...
2020/09/24   鉄子の部屋#23 ...
2020/09/24   20年Q4(10-...
2020/09/24   ヤマシンフィルタ(...
2020/09/24   ICBR 2020...
2020/09/24   アルミ合金&スクラ...
2020/09/24   欧州からの風#12...
2020/09/24   23日の中国鋼材ス...

電池、 ステンレス鋼材の回復によりニッケル市場は復活も余剰感残る

2020.08.14 09:54
Eマスク相場で14,000ドルにも乗ってきたニッケル相場はさらなる高みを目指して年内20,000ドルも噂されているが、これは現在の金余り現象が続くとするならば、あながち全く無理な話でもない。テスラ相場に、いよいよ本命のステンレス 鋼材需要増(中国のみだが)も相場をサポートし始めた、実際、アジアのステンレス鋼材価格も続伸を重ねて強基調となっている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事