新着情報  - News -

2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...
2022/12/06   SUSscrap ...
2022/12/06   2022年10月 ...

専門分野がニッチから旬になった猿倉弁護士が提言 「環境リスクは他人ごとではない」

2021.11.04 13:41
環境汚染や土壌汚染、廃棄物リスクというワードは、昨今、ニュースや新聞でお馴染みのものとなっている。今年7月に「不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務」(清文社)と題するタイムリーなテーマの本を出した弁護士の猿倉健司氏は、2007年に弁護士となった初日から約14年にわたり、環境や廃棄物の問題の現場に立ち続けている。それらについて、「多くの人が
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事