新着情報

2024/06/15   MARKET TA...
2024/06/14   鉛バッテリーリサイ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   ロシア産銅が行方不...
2024/06/14   24年銅スクラップ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   SMM、ジャカルタ...
2024/06/14   鉛バッテリーをはじ...
2024/06/14   東邦チタニウム:W...
2024/06/14   第3回 SDGs・...
2024/06/14   2024年4月の国...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   産業用電子機器輸出...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   タングステン輸出入...
2024/06/14   アルミ新地金国内港...

専門分野がニッチから旬になった猿倉弁護士が提言 「環境リスクは他人ごとではない」

環境汚染や土壌汚染、廃棄物リスクというワードは、昨今、ニュースや新聞でお馴染みのものとなっている。今年7月に「不動産取引・M&Aをめぐる環境汚染・廃棄物リスクと法務」(清文社)と題するタイムリーなテーマの本を出した弁護士の猿倉健司氏は、2007年に弁護士となった初日から約14年にわたり、環境や廃棄物の問題の現場に立ち続けている。それらについて、「多くの人が
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る