メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2019/06/19   UACJ 銅管事業を豊...
2019/06/19   スズ市場近況2019#6...
2019/06/19   タングステン市場近況20...
2019/06/19   マンガン市場2019#6...
2019/06/19   海洋ごみゼロ国際シンポジ...
2019/06/19   コンデンサ国内生産Rep...
2019/06/19   VALE ブラジルOnc...
2019/06/19   電極販売数量3割減が、株...
2019/06/19   FeCr2019#6 A...
2019/06/19   ロシア 鉄スクラップの輸...
2019/06/19   2018年3Q(7-9月...
2019/06/19   銅棒輸入Report20...
2019/06/19   Copper#6 チュキ...
2019/06/19   企業動向シリーズ#195...
2019/06/19   中国ADC12市場近況2...
2019/06/19   5G/2019#3 5G...
2019/06/19   18日の鋼材スプレッド:...
2019/06/19   KEMET社 NY証券取...
2019/06/19   MARKET TALK(...
2019/06/18   RE100メンバー会:「...

10月のE-WASTE等輸入量は前月比50%増の10,908トン 拡大するE-WASTE輸入

2013.11.28 23:47

 貿易通関統計によるE-WASTE等(*スラッジ含む貴金属スクラップ)の10月輸入量は10,908トンと1万トンの大台に乗り、1-10月の累計輸入量は82,235トンと昨年の74,272トンを超え過去最高を更新している。
 輸入先別の数量と単価は以下の通りだが、韓国からは前月比59%増の917トンと激増。輸入平均単価はキロ332円。1-10月累計6,982トンは早くも昨年計6,119トンを上回っている。韓国のE-WASTEはハイリスクと聞くが、最近は大手非鉄精錬メーカー系のリサイクル子会社(MK社)が積極的に韓国品を輸入している様子。物量は多いが品質はあまり良くないと聞く。
 しかしやはり最大のE-WASTE輸入先は米国。10月は4,314トンで輸入単価はキロ551円。1-10月の累計輸入量は37,788トン(平均601円)で総輸入量82,235トンの46%を占めている。オランダからも渋く増加しており10月は1,776トン。中堅商社のH社の買いが多い。
 

10月のE-WASTE等輸入量

 

(IRUNIVERSE)

ダウンロード

※オプション「添付ファイルダウンロード」をお申込み頂くとダウンロードできます。
今すぐ申し込む

関連記事