新着情報  - News -

2019/03/22   19年2月粗鋼生産 前年...
2019/03/22   米中貿易交渉の最大焦点 ...
2019/03/22   日本国産メモリメーカーの...
2019/03/22   米中貿易交渉の最大焦点 ...
2019/03/22   韓国 SUS熱延鋼板輸入...
2019/03/22   息を吹き返す鉛二次精錬、...
2019/03/22   アルミ&スチールUBC自...
2019/03/22   21日の鋼材スプレッド:...
2019/03/22   MARKET TALK(...
2019/03/22   環境省、廃棄物エネルギー...
2019/03/22   原油価格は、上昇基調に
2019/03/22   20日の鋼材スプレッド:...
2019/03/21   需給ひっ迫でフェロチタン...
2019/03/21   DRコンゴ 銅精鉱とコバ...
2019/03/21   歴史的記録的高値を続ける...
2019/03/21   MARKET TALK(...
2019/03/20   硫酸市場近況2019#春...
2019/03/20   カドミウムの憂鬱 インド...
2019/03/20   Zinc&LeadMar...
2019/03/20   崖っぷちに追い込まれる世...

10月のE-WASTE等輸入量は前月比50%増の10,908トン 拡大するE-WASTE輸入

2013.11.28 23:47

 貿易通関統計によるE-WASTE等(*スラッジ含む貴金属スクラップ)の10月輸入量は10,908トンと1万トンの大台に乗り、1-10月の累計輸入量は82,235トンと昨年の74,272トンを超え過去最高を更新している。
 輸入先別の数量と単価は以下の通りだが、韓国からは前月比59%増の917トンと激増。輸入平均単価はキロ332円。1-10月累計6,982トンは早くも昨年計6,119トンを上回っている。韓国のE-WASTEはハイリスクと聞くが、最近は大手非鉄精錬メーカー系のリサイクル子会社(MK社)が積極的に韓国品を輸入している様子。物量は多いが品質はあまり良くないと聞く。
 しかしやはり最大のE-WASTE輸入先は米国。10月は4,314トンで輸入単価はキロ551円。1-10月の累計輸入量は37,788トン(平均601円)で総輸入量82,235トンの46%を占めている。オランダからも渋く増加しており10月は1,776トン。中堅商社のH社の買いが多い。
 

10月のE-WASTE等輸入量

 

(IRUNIVERSE)

ダウンロード

※オプション「添付ファイルダウンロード」をお申込み頂くとダウンロードできます。
今すぐ申し込む

関連記事