新着情報  - News -

2022/05/25   東港金属創立120...
2022/05/25   住友電工:電話会議...
2022/05/24   豪IGO 、中国T...
2022/05/24   住友電工:電話会議...
2022/05/24   豪Arafura ...
2022/05/24   アルミUBC自治体...
2022/05/24   工具生販在Repo...
2022/05/24   国内半導体製造装置...
2022/05/24   中国 4月のコバル...
2022/05/24   (速報)電子工業生...
2022/05/24   BHP、ロシア-ウ...
2022/05/24   国内パソコン出荷2...
2022/05/24   2021年度(確定...
2022/05/24   国内半導体生販在R...
2022/05/24   二次電池PSI-R...
2022/05/24   MARKET TA...
2022/05/24   波乱万丈だったスズ...
2022/05/24   2022年4月MM...
2022/05/24   2022年4月MM...
2022/05/24   台湾:鉄鋼市場動向...

TBM、自社製造拠点で使用する電力を100%再生可能エネルギーへ転換

2022.01.19 11:40

~多賀城工場の使用電力を「CO2排出係数ゼロ」へ切り替え、年間約1,346トンのCO2削減に貢献~

 株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下TBM)は、自社製造拠点である宮城県の多賀城工場を実質100%の再生可能エネルギーへ転換する。

 

 2021年12月1日より、国内第二プラントである多賀城工場で使用する電力を実質「100%再生可能エネルギー」「CO2排出係数ゼロ」の電力に切り替えたことにより、TBMが保有する自社製造拠点での使用電力は全て再生可能エネルギーとなった。この転換により、多賀城工場の操業に伴うエネルギー起源のCO2などの温室効果ガス(GHG)の間接排出(Scope 2)をCO2換算で年間約1,346トン削減する*。今後TBMは、自社の操業によるGHG排出ゼロを目指すと共に、LIMEX Sheet及びLIMEX Pellet(ライメックスペレット)の導入企業のサプライチェーンにおけるCO2排出量(Scope 3)の削減にも貢献していく。

*2020年12月~2021年11月実績に基づく
 

 

写真

 


■ 概要

 世界各地で脱炭素社会の実現に向けた動きが加速する中、TBMは気候変動問題に対して多様なアプローチで取り組んでいる。プラスチックや紙の代替となる新素材LIMEXの普及拡大により、石油由来プラスチックや森林資源の使用量を抑制している。また、LIMEXの製造工程におけるGHG排出量削減に向けて、2020年8月には、国内第一プラントの白石工場で使用する電力を再生可能エネルギーへ切り替えている。
今回の多賀城工場における実質「100%再生可能エネルギー」「CO2排出係数ゼロ」の電力への転換によって、自社製造拠点で使用する電力全てが再生可能エネルギーへ切り替えられたことは、2025年までに国内事業所で再生可能エネルギー電力100%を達成するという計画の実現に向けた大きな一歩となる。

 

 TBMは今後も「2030年までにカーボンネガティブを実現する」という野心的な目標「TBM Pledge 2030」の実現に向けて、省エネルギーの徹底に加え、他の使用燃料やオフィスで使用している電力の再生可能エネルギーへの転換、すでに再生可能エネルギーを使用している電力についても更に追加性(再生可能エネルギーの新たな設備投資を促す効果)が高い手法での調達を進めていく。

 

 

(IRuniverse.jp)

 

 

関連記事