新着情報

2024/07/22   第10回Batte...
2024/07/22   LME Weekl...
2024/07/22   ペロブスカイト太陽...
2024/07/22   先の見えない海上運...
2024/07/22   グリーン化進む製鋼...
2024/07/22   ペロブスカイト太陽...
2024/07/22   オキサイド(652...
2024/07/22   紙・古紙市場近況 ...
2024/07/22   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/22   世界最大のニッケル...
2024/07/22   中国の銅製錬所は銅...
2024/07/22   鉄鉱石価格は中国の...
2024/07/22   ヨーロッパは中国か...
2024/07/22   需給ギャップが大き...
2024/07/22   新型電池の衝撃は中...
2024/07/22   中国 第3世代鉛酸...
2024/07/22   米とメキシコが手を...
2024/07/22   I-PEX 使...
2024/07/22   TSMC、2024...
2024/07/22   ASML,2024...

会話で読み解くLME入門#2 明日はどっちよ――バックワーデーション現象??

8月中旬以降1トン8000ドルの大台を挟んでもみ合ってきたLMEの現物銅相場。それでも気が付けば、じりじり上げて7月中旬の7000ドルを直近の底値に1ケ月余りで10ドル超値を戻し、ここ数日は大台に定着の気配も。「この先の相場展開、スパッと記事に」。鬼デスクに迫られて思案投げ首のわれらが堂林記者。「明日はどっちよ?」。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る