新着情報  - News -

2022/11/26   インドネシア ロー...
2022/11/26   インドネシア WT...
2022/11/26   MARKET TA...
2022/11/25   露産金属取引禁止警...
2022/11/25   11月第4週末の中...
2022/11/25   古河機械金属:上期...
2022/11/25   ステンレス鋼材国内...
2022/11/25   古河機械金属:上期...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   東洋紡と大同特殊鋼...
2022/11/25   Aurubis L...
2022/11/25   二次電池PSI-R...
2022/11/25   国内産業用ロボット...
2022/11/25   国内半導体製造装置...
2022/11/25   国内FPD製造装置...
2022/11/25   中国 炭酸リチウム...
2022/11/25   中国 石炭からの水...

リチウムの供給懸念の最適解となるか 東レ開発のリチウム回収分離膜が持つ可能性

2022.09.26 16:22
東レ株式会社のニュースリリースによると、東レは、8月29日に車載用の使用済みリチウムイオン電池から、現状では大部分を廃棄しているリチウムを回収することのできる新規ナノ濾過(NF)膜を開発したと発表した。 リチウムイオン電池は、パソコンやスマートフォンといった容量の比較的小さなものから、電気自動車の駆動用車載バッテリーなどの大容量を必要とするものまで、あらゆるものに利用され、現在ではなくてはならない存在となっている。 SDGsの観点からも、今後は自動車全体に占める電気自動車の割合が増えることは確実であり、それに伴い車載用バッテリーの需要もさらなる拡大が予想されているため、原料となるリチウムの確保は欠かせない問題といえる。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事