新着情報  - News -

2022/11/26   インドネシア ロー...
2022/11/26   インドネシア WT...
2022/11/26   MARKET TA...
2022/11/25   露産金属取引禁止警...
2022/11/25   11月第4週末の中...
2022/11/25   古河機械金属:上期...
2022/11/25   ステンレス鋼材国内...
2022/11/25   古河機械金属:上期...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   《Metal Pr...
2022/11/25   東洋紡と大同特殊鋼...
2022/11/25   Aurubis L...
2022/11/25   二次電池PSI-R...
2022/11/25   国内産業用ロボット...
2022/11/25   国内半導体製造装置...
2022/11/25   国内FPD製造装置...
2022/11/25   中国 炭酸リチウム...
2022/11/25   中国 石炭からの水...

住友化学、自動車マテリアルリサイクル事業化へパイロット設備導入~リバーHDと協業

2022.09.27 11:29 FREE

~使用済み自動車を利用した廃プラスチック再資源化の取り組み加速~

 住友化学は、今回、使用済みの自動車から得られる廃プラスチックを再資源化するマテリアルリサイクルの事業化に向け、パイロット設備を導入することとした。2023年度中に顧客向けにサンプル提供を開始し、自動車分野のリサイクルプラスチックの商業生産を目指した取り組みを加速させていく。


 日本では年間約300万台の自動車が解体処理されているが、バンパーや内装材などのプラスチックは解体後の分別や異物の除去が難しく、マテリアルリサイクルを行う上で大きな課題となっている。一方、欧州では多くの自動車メーカーが新型車に一定の比率でリサイクル製品を採用するなどプラスチック資源循環の取り組みが進んでおり、日本でも同様の動きが広がることが予想される。


 こうした中、住友化学は、長年培ってきたプラスチックの製造技術を生かし、使用済み自動車から得られる廃プラスチックを用いてポリプロピレンコンパウンドを製造する新たなプロセスを構築することとした。そのため、廃プラスチックの種類や特性に応じて高精度な選別や異物除去などを一貫して行う設備を導入し、今後、自動車向けに高品質なリサイクルプラスチックの商業生産を目指す。


 住友化学は、マテリアルリサイクルの事業化を目指して、総合環境企業であるTREホールディングス傘下のリバーホールディングス株式会社と21年6月から業務提携に向けた検討を開始し、これまでに両社で一貫した選別工程の最適化や環境負荷評価などに取り組んできた。今回のプロセス構築は、同社から提供を受けた廃プラスチックを利用して行う。同社は、サーキュラーエコノミーの実現に向けて「静脈産業」との連携をさらに深化させていく。

 

 

(IRuniverse.jp)
 

 

関連記事