新着情報

2024/06/22   欧州 中国の酸化チ...
2024/06/22   MARKET TA...
2024/06/21   国際自動車リサイク...
2024/06/21   国際レアアースシン...
2024/06/21   日本冶金:微粒フェ...
2024/06/21   出光興産:SK m...
2024/06/21   出光興産:有機廃棄...
2024/06/21   IARC2024:...
2024/06/21   クラレ(3405)...
2024/06/21   REIA&...
2024/06/21   SUSscrap ...
2024/06/21   またしても・・イン...
2024/06/21   HSコードが決める...
2024/06/21   REIA&...
2024/06/21   2024年1Q、世...
2024/06/21   Applied M...
2024/06/21   ソニーの半導体次期...
2024/06/21   紙・古紙市場近況 ...
2024/06/21   第36回 ものづく...
2024/06/21   工具生販在Repo...

中国 LIBリサイクル業界はすでに飽和状態

 現在、各分野におけるESGへの注目度は日増しに高まり、基地局の電力準備、エネルギー貯蔵、充電・交換などの分野における段階利用への需要、および電池製造分野における再生材料の比率に対する要求はいずれも高まり続けており、電池回収の需要はさらに解放されている。

 

 最近、国内外の企業は相次いで電池回収分野の配置を強化している。天奇股份有限公司は5月22日、湖北生態系と提携してリチウム電池回収総合利用プロジェクトの実施を推進すると発表した。5月9日に海外メディアが報じたところによると、グレンコアは天然資源事業の発展を模索するため、欧州最大の電池回収工場を設立する計画だ。

 

 5月8日、テキサス州Corpuでテスラが将来的には電池の回収や廃棄物を製造するための原料など、他の中間リチウム原料の処理・加工にも介入することになるs Christiのリチウム精錬所が正式に着工した。SKエコプラントは5月7日、中国の現地合弁法人と江蘇省塩城市の開発区内に敷地8000㎡の廃棄バッテリー回収前処理施設を建設・運営するほか、上海の既存の使用済みバッテリー施設との連携を強化すると発表した。

 

1、千億元レベルコースがじわじわと熱くなっている

 

 研究機関のEVTank、伊維経済研究院はこのほど、中国電池産業研究院と共同で「中国使用済みリチウムイオン電池回収・分解・段階利用業界発展白書(2023年)」を発表した。白書のデータによると、2022年の中国の使用済みリチウムイオン電池の実際の回収量は前年比75.8%増の41.5万トンだった。

 

 動力電池の回収利用の2つの主な方式は階段利用(リユース)と解体回収である。うち、リン酸鉄リチウム電池は依然として主に階段利用に用いられているが、三元酸リチウムやコバルト酸リチウムなどを含む電池の多くは回収・解体・再生利用に用いられている。

 

 EVTankによると、2022年に使用済みリチウムイオン電池の回収・解体と段階利用業界は量と価格がともに上昇する爆発的な成長局面を示し、業界全体の市場規模は154.4億元に増加し、前年同期比182.8%増に達した。EVTankは、業界全体の市場規模が2030年までに1000億元を超え、1053.6億元に達すると予想しており、実際の回収量はますます理論値に近づいていくと予想している。

 

 中信建投もこのほど発表した研究報告によると、2015年の中国の新エネ車動力電池の搭載量は16GWhだったが、2021年から倍増し2022年には295GWhに達し、CAGRは50%を超えた。5-8年のバッテリーの耐用年数から見積もると、動力バッテリーの回収は新エネルギー自動車のポストサイクル産業として業界発展の加速期に入り始めた。2026年前後に動力電池の廃棄量が急激に増加し、廃棄総量は100GWhを超える見通しだ。2032年以降はTWh時代に突入する見込みで、2022年から2035年にはCAGRが33%に達し、電力消費量が増加すると予測されている。プールリサイクル業界は長期的な景気を維持する。

 

 中信建投によると、試算によると、動力電池業界は2030年前後に1000億規模の市場余地に達し、企業の回収ルート、技術、資質、規模が業界のコア競争力となる。

 

 国家発展改革委員会価格コスト調査センターによると、動力電池の4−8年の使用寿命から試算すると、2017年前後に中国国内で大規模に搭載された新エネ車動力電池も今年、回収・放出期を迎える。また、炭酸リチウムの大幅な値上がりにけん引され、使用済み動力電池の価格も「高騰」している。一部企業からは、一部電池の割引係数(スクラップ価格と新商品価格の比率)が2021年の最低60%から2022年には100%以上に上昇したとの声が上がっている。特に動力電池搭載機の大規模な増設に伴い、リチウム資源の需給矛盾がさらに深刻化し、動力電池の回収が進むと予想されるの市場価値もより際立つことになるだろう。関連研究機関の推計によると、中国の動力電池回収市場規模は2030年までに1406億元に達し、2022年の実際の市場規模の9倍近くに増加する。

 

 企業側は現在、電池リサイクルチェーンが長く、リンクが多く、範囲が広く、市場参加者が多い。主に自動車メーカー、電池メーカー、材料メーカー、サードパーティのリサイクル企業などがあり、クロスオーバー企業もこのコースに参入しつつある。うち、中国の主要動力電池企業の多くは、すでに電池回収分野で布石を打っている。

 

 EVTankの統計によると、2022年の段階利用市場シェア上位企業は主に比亜迪、天賜材料、光華科技、華友循環、格林美、邦普循環、赣峰循環など。2022年の回収・解体市場シェア上位企業には、邦普循環、赣峰循環、金泰閣、華友循環、格林美、広東金晟、恒創叡能、時代中能などが含まれる。

 

 また、電池の回収もキャピタルから好感されている。これまでの大まかな統計によると、2022年から現在までに、広東金晟、順華リチウム業、賽徳美、博抜群循環、恒創叡能、動力回生、傑成ニッケルコバルト、融通高科、錦源晟、瑞隆科技、道童新能源、奇点能源など多くの電池回収産業チェーン企業が相次いで多額の融資を完了したと発表している。

 

2、好調な政策が継続的に強化された

 

 同時に、バッテリーリサイクル分野の好調政策も強化が続いている。工業情報化部は現在、バッテリー回収のホワイトリスト企業を4回発表しており、企業数は88社に達している。工業情報化部の公式サイトに表示された最新の情報によると、現在、新エネ車用動力蓄電池回収サービス拠点は1.46万カ所近くに達している。

 

 3月2日、国家市場監督管理総局と工業・情報化部は公告を発表し、新エネルギー自動車動力電池段階利用製品の自主性認証業務を展開し、動力電池段階利用市場体系を健全化し、動力電池段階利用業界の健全で秩序ある発展を促進することを決定した。条件の整った地方が資源循環利用体系の構築を加速し、政府投資プロジェクト・重点プロジェクト・市政公共プロジェクトにおいて認証を取得した段階利用製品を使用することを奨励する。 

 

 国家新弁公室は3月1日、「権威ある部門の話のスタート」という一連のテーマの記者会見を行った。工業情報化部の辛国斌副部長は、「リサイクルシステムを健全化し、スマート分解などの重要技術の難関突破を強化し、動力電池のリサイクル水準を引き上げる必要がある」と述べた。

 

 工業情報化部省エネ・総合利用司は今年に入り、新エネルギー車動力電池リサイクル座談会を2回開催し、リサイクル管理弁法の制定を急ぎ、各方面の責任要求を細分化することを提起した。先進技術の総合的利用の普及力を強化し、技術革新によって産業の高度化を促進する、典型的な経験・やり方を宣伝・普及し、中堅企業を育成・強大化し、動力電池のリサイクル水準を高める。

 

 中国の現行の動力電池回収規範は、2018年8月から施行された「新エネ車動力蓄電池回収利用管理暫定弁法」だ。同弁法は各関連主体の責任を明確にし、動力蓄電池のコーディング基準とトレーサビリティ情報システムを基礎とし、動力蓄電池製品の出所の調査、行き先の追跡、ノードの制御、責任追及を実現し、全ライフサイクル管理メカニズムを構築し、完備した基準と監督管理体系の確立を推進し、動力蓄電池のリサイクルの健全で持続的な発展を促進する。動力電池回収規模の拡大に伴い、動力電池回収の規範化が急がれている。

 

 工業情報化部が4月18日に発表した「2023年規則制定作業計画」の中で、「新エネ車動力蓄電池回収利用管理弁法」は年内に起草を完了し、適時に審議を要請する必要があるプロジェクトに該当する。

 

3、バッテリー回収の問題はまだ解决していない

 

 バッテリーリサイクル市場は将来性が高く、政策の後押しも受けているものの、多くの課題に直面している。

 

 中関村新型電池技術革新連盟秘書長、電池百人会の于清教理事長は、「電池の回収と段階的利用はまだ商業化の初期にある。リチウム、コバルト、ニッケルなどの資源は循環・再利用の規模が小さく、業界の混乱が絶えず、経済効果が低いことがある」と述べた。多くの企業は回収方式が粗放で、材料の選別と回収率が低く、回収価値の低い電池の浪費が深刻である。しかも二次汚染の問題、暴力的な解体による安全上のリスクが存在している。関連業界の標準と政策法規はまだ模索段階にある。ラダー利用バッテリーの品質のばらつき問題、コストの高さ、管理の不規則さ、利益を上げる余地の少なさなど多くの問題がある。

 

 今年の両会期間中、中創新航の劉静瑜董事長は、「現在、動力電池の回収分野には、消費先の行方が不明なために廃棄した動力電池が非正規ルートに流れ込んでいる。回収方法と回収の規模が不十分なため、環境上のリスクと経済的価値が不足している」と述べた。一方、資源問題は産業発展に影響を与える潜在的な要因となっている。

 

 格林美はこのほど調査研究により、黒粉は電池回収の重要な産物であり、製品として販売されることも、電池材料を製造する中間品としても利用できる。種類によって産出される黒粉の金属含有量と種類が異なるため、重ね合わせ企業の処理工程、技術に違いがあり、黒粉市場はまだ標準化されていない時期にある。また、使用済みバッテリーの回収見積もりも比較的混乱している。

 

 SMMのデータによると、2023年第1四半期、使用済みリチウム電気回収価格は炭酸リチウム価格に追随して下落し、回収産業チェーン各社は川下の需要を見込めず、回収市場全体が停滞の局面に入り、市場は比較的悲観的になっている。2023年4月下旬、炭酸リチウムは下げ止まって反発し、使用済みリチウム・電気の価格はその勢いに乗って上昇したが、川下の材料、電池コアの需要は明らかな回復が見られず、回収産業チェーンの各段階の期待が外れている。

 

 SMMの分析によると、ここ半月の間、川上のスクラップ業者が買いだめして価格を引き上げたため、原料価格の高値はすでに製錬所のコストの最低ラインを超えている。川下のニッケル・コバルト塩市場の需要は明らかに回復しておらず、ニッケル・コバルト製品の価格と原料コストは逆に上昇しており、ニッケル・コバルト係数とリチウム係数が同時に上昇しているのもリチウムのコストを背負っているからである。さまざまな不合理な要素により、川下の製錬企業は高値に対してすでに様子見の態度を持ち、現在価格が理性に回帰する要求は回収市場で急速に拡散している。5月19日に川上の電池業者は前期の押さえから、川下への引き合い出荷意欲も次々と持ち始めている。今のところ川下の製錬企業は急がない調達の姿勢も比較的断固たるもので、回収市場では三元・鉄リチウムスクラップ価格のさらなる引き下げが見込まれる。

 

 これに対し、国家発展改革委員会価格コスト調査センターが提言している。1つ目は動力電池のリサイクルに関する法律の制定を加速すること。2つ目は動力電池リサイクル業界の標準化体系を確立すること。3つ目は重要なコア技術の革新・研究開発の向上を加速する。4つ目は地域の実情に合わせてリサイクル産業の配置を最適化することだ。

 

 于清教理事長は、企業側から言えば、1つはリサイクル技術の革新で、リチウム、コバルト、ニッケルなどの回収率を高め、コストを削減することだと提案した。2つ目は回収ルートを開通し、例えば一部の電池回収企業と産業チェーンのパートナーは「階段状電池をレンタルで代理販売」「廃棄物と材料を交換」などのビジネスモデルを採用し、材料の製造と廃棄動力電池の回収を開通し、より多くの安定的かつ低コストの使用済み電池を入手する。3つ目は生産能力の規模の向上であり、理論上、生産能力の規模が大きいほど、利益が高くなる、4つ目は電池の回収・再利用過程の安全と環境保護を保障する。

 

 政策面から見ると、于清教理事長は、「1つ目は国家レベルからトップレベルの計画を行い、支援政策と監督管理政策を同時に強化し、電池回収業界を規範化する」と提案した。2つ目は電池の回収、輸送、貯蔵などの基準を改善し、技術とビジネスモデルを革新し、関連材料の回収率を高め、企業の収益力を高めることだ。3つ目は形式主義を厳しく抑制し、関連モデルプロジェクトの実施を段階的に進め、地域に適した方法で実施することを推進し、地方性の段階的利用プロジェクトが盲目的に実施されることを注意する。

 

 劉静瑜董事長は、バッテリー回収システムについてトップレベルの企画を行い、動力バッテリー企業が中心となり、製品設計の源からバッテリー回収ルートを制定し、高効率バッテリー回収システムを構築することを提案した。回収プロセスの標準規範を制定し、低炭素、環境保護、高効率、経済的価値を確保する。動力電池の全ライフサイクルビッグデータ管理能力を備え、低エネルギー消費・ゼロ汚染材料再生技術を掌握した動力電池企業の産業化布石を優先的に支援する。

 

 寧徳時代の曾毓群董事長も今年の両会期間中、「両炭」の目標を方向付けとし、産業チェーンが完備され、応用データが豊富という中国の優位性を発揮し、カーボンフットプリント、ESG、回収トレーサビリティ、段階利用など実際の管理ニーズに対応し、中国の電池パスポートを研究・設計し、中国の電池業界の全ライフサイクル管理のデジタル化管理ツールとすることを提案した。

 

 

(趙 嘉瑋)

関連記事

関連記事をもっと見る