新着情報

2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...
2024/07/24   工作機械工業会6月...
2024/07/24   アルミ対日プレミア...
2024/07/24   三菱ケミカル MM...
2024/07/24   エネコートが総額5...
2024/07/24   中国 アルミニウム...
2024/07/24   希土類元素とその製...
2024/07/24   湖南大学の課題グル...
2024/07/24   LME市場売り優勢...
2024/07/24   中国のゲルマニウム...
2024/07/24   世界の半導体需要と...
2024/07/24   日本製鉄、中国の自...
2024/07/24   ニッケル協会:9月...
2024/07/24   Americas ...
2024/07/24   MARKET TA...
2024/07/24   JFEスチールの物...
2024/07/23   古河電池に投資ファ...
2024/07/23   核融合エネルギーの...

中国 前年比で9倍に上昇し、水素燃料電池自動車(FCV)が飛躍的に発展した

 国金証券研報によると、FCV(燃料電池自動車)の4月の搭載量は45.8MWで、前年同月比9.9倍に上昇した。4月の燃料電池システムの設置量は45.8MWで、前年同月比990%上昇した。うち商用車の搭載量は39.3MWで、今月の搭載の多くはピックアップトラックだった。通年のFCVは高い増加傾向を示す見通しで、政策細則の実施と産業チェーンの成熟度の向上が重なると、業界の量拡大の確実性が高く、2023年にはFCVが2倍になる見通しだ。また、国金証券研報により、2023年は水素エネルギーおよび燃料電池業界が発展の速い道に入る年になる、水素エネルギーと燃料電池の製造が現在の2つ
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る