新着情報

2024/02/28   「第9回 Batt...
2024/02/28   原油価格の動向(2...
2024/02/28   スポンジチタンメー...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   電力取引量(2月)
2024/02/28   米国 ロシアへの追...
2024/02/28   セメント見掛消費量...
2024/02/28   まさに今週は“BA...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   「第9回 Batt...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   貿易統計(1月):...
2024/02/28   中国ゲルマニウム取...
2024/02/28   中国 LIB負極材...
2024/02/28   中国 LFP材料も...
2024/02/28   格林美・インドネシ...
2024/02/28   中国 鉄スクラッフ...
2024/02/28   電解アルミニウムの...

第1回 SEMICON(半導体)サミット 講演者紹介 三菱電機株式会社 半導体・デバイス事業本部 技師長 安田 幸央氏

 

タイトル:「GXに貢献するパワー半導体の技術革新

 
安田 幸央 氏 プロフィール
 
【勤務先・役職名】
三菱電機株式会社 半導体・デバイス事業本部 技師長
 
 
【略 歴】

1990年 同志社大学工学部卒。三菱電機入社後、パワー半導体を応用したモジュール製品を中心に各種センサーなど車載対応の幅広い製品開発に従事。

2010年よりパワーデバイス製作所の事業企画グループにてパワー半導体事業の取り纏めや企業買収、海外製造子会社設立などを担当。2013年よりパワーモジュールの設計部長として産業向、電鉄向、民生向けの各分野の事業を牽引。

2020年 パワーデバイス製作所所長、2022年 半導体戦略プロジェクトグループを経て、2023年より技師長として半導体・デバイス事業の技術を統括。

 
 

【講演主旨】

パワー半導体はエネルギーの創出、変換、伝送、消費のあらゆるところで活用されており、その性能が向上することで社会全体でのエネルギー消費を削減することができることから、カーボンニュートラル実現のキーパーツとして近年注目されています。

国産半導体の再興に向けた活動が活発化しているなか、パワー半導体では国内メーカが高いシェアを維持、今後も大きな成長が期待される分野です。

パワー半導体は、半導体の肝であるチップとその性能を最大限に引き出すモジュール構造が両輪となって進化してきました。

パワー半導体やそれを支える素材や構造における技術革新の歴史、今後のトレンドなどをご紹介いたします。

 

 
 
9月1日(金)第1回 SEMICON(半導体)サミット at TOKYO

 

関連記事

関連記事をもっと見る