新着情報

2024/02/27   第9回バッテリーサ...
2024/02/27   大栄環境:リサイク...
2024/02/27   パナソニックエナジ...
2024/02/27   住友金属鉱山:PT...
2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...

TSMCのAIチップはすでに爆発的な需要が発生している 新たな生産拠点必要

 これまで、テクノロジー分野が発展する中で、チップ技術は焦点の一つとなってきた。チップは電子製品の中核として、各国の科学技術力に大きな影響を与えている。しかし、世界最先端のチップファウンドリ技術を持つTSMCという企業は、長い間過小評価されてきた。アップル、エヌビディア、AMDはこのほど、同社に大量のAIチップを注文し、スマートチップの需要が急速に増加していることを示唆している。その背景には、現段階でのTSMCのチップファウンドリ分野における代替性のなさがある。他の企業と異なり、TSMCが米国に工場を建設しても、チップファウンドリ分野での地位は揺るがない。本文の趣旨TSMCの実力と強み、国内のテクノロジー企業がコア技術をつかむべき意味を分析している。

 

1、スマートチップの需要が急増

 

スマートチップ分野の市場規模は、過去数年間で急速な成長を遂げている。IDCによると、その市場規模は2022年までに560億ドルを超えると予測されている。この傾向により、多くのテクノロジー大手はこの分野により多くの資源と資金を投入しているが、TSMCは最先端のチップファウンドリ企業として、当然多くの恩恵を受けている。特に最近、アップル、エヌビディア、AMDがTSMCに大量のAIチップを受注したことで、業績が再燃している。スマートチップ需要が急増していることを物語っている。そしてこの市場は、TSMCにとって極めて重要なチャンスだ。チップは電子製品の中核であるからだと、いかなるハイテク分野の発展もチップを避けては通れない。一方、TSMCは、世界最先端のチップファウンドリ技術を持ち、最も大きな恩恵を受けており、世界のチップ産業の先進水準、技術水準を代表している。

 

2、TSMCの技術的優位性は続く

 

TSMCのファウンドリ技術は世界トップクラスで、海外メディアによると、他のファウンドリ企業はまだ競争できていないという。それ以上の選択肢はほとんどありません。そのため、他の企業と異なり、TSMCが米国に工場を建設しても、チップファウンドリ分野での地位が揺らぐことはない。米国はチップ制裁でTSMCを圧迫していたが、これで優位性が失われることはなかった。一方、クアルコムはTSMCへの依存度を下げようとしたが、結果的にTSMCの技術的優位性では代替できないことを教えてくれた。

 

3、海外展開

 

グローバルなテクノロジー企業として、TSMCは当然、さまざまな国にファウンドリーを立ち上げ、効率化とコスト削減を図っている。そして最近、彼らが米国に先進的なチップ工場を設立することを選んだのも、その海外勢力図拡大の重要な一歩であり、重要な意味を持っている。貿易紛争による生産能力の損失を補うだけでなく、米国市場での競争力をさらに高め、大国間の競争での力を強めることができるからだ。TSMCはそれほど愚かではなく、トップレベルの技術を国内に残すことは、自らの将来を見据えた成長であり、独自開発の向上にもつながるといえる能力がある。

 

4、コア技術の重要性

 

 現在、チップ業界が直面している問題は日増しに深刻化しており、中国のテクノロジー企業はTSMCから1つの道理を理解すべきだ。コア技術をしっかりと手にしてこそ、欧米諸国の圧力や圧迫を恐れない。TSMCが直面する外圧を懸念する一方で、国内のテクノロジー企業はコア技術をつかむべきであり、チップの技術的問題を解決しようとするのは、一朝一夕のことではない。科学技術の研究開発に専念し、より多くの時間と労力を費やしてこそ、西側諸国との差を徐々に縮めていくことができる。同時に、国内企業も勇敢に技術の突破と前進に直面する精神を確立し、絶えず革新と模索を続け、自社を拡張する必要がある。己の未来。そうすることで、将来の競争で制圧点を奪うことができる。

 

5、まとめ

 

 スマートチップ分野の急成長を背景に、世界のチップファウンドリのリーダーとしてのTSMCの実力と優位性は明らかだ。同時に、TSMCの技術的優位性は、ある事実を証明している。科学技術の発展と競争において、コア技術の重要性は言うまでもない。そのため、いかなる科学技術企業もコア技術をつかむという理念を持ち、自身の実践の中に落とし込むべきであり、そうすれば、荒波をくぐり抜け、科学技術業界のトップになることができるだろう。

 

(趙 嘉瑋)

 

関連記事

関連記事をもっと見る