新着情報

2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...
2024/07/24   工作機械工業会6月...
2024/07/24   アルミ対日プレミア...
2024/07/24   三菱ケミカル MM...
2024/07/24   エネコートが総額5...
2024/07/24   中国 アルミニウム...
2024/07/24   希土類元素とその製...
2024/07/24   湖南大学の課題グル...
2024/07/24   LME市場売り優勢...
2024/07/24   中国のゲルマニウム...
2024/07/24   世界の半導体需要と...
2024/07/24   日本製鉄、中国の自...
2024/07/24   ニッケル協会:9月...
2024/07/24   Americas ...
2024/07/24   MARKET TA...
2024/07/24   JFEスチールの物...
2024/07/23   古河電池に投資ファ...
2024/07/23   核融合エネルギーの...
2024/07/23   24年リチウム市況...

茨城県 再生資源物の屋外保管(ヤード)の適正化条例骨子案でパブコメ――30日まで

 茨城県は、金属、プラスチックなどの再生資源物の屋外保管(ヤード)の適正化に関する条例の骨子案をまとめ、意見募集(パブリックコメント)を開始した。1日から募集を始めており、募集期間は30日までとなる。同県内でも、大型車両によるスクラップ類の搬出・入や解体作業時の騒音・振動などヤードの運用を巡って地域の生活環境の保全に支障をきたすケースが出ているという。同県が6月に実施した調査では県内にある130カ所以上のヤードのうち、40%が近隣住民の苦情対象になっていたという。条例化で事業者を規律付ける枠組みを整える。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る