新着情報

2024/06/15   MARKET TA...
2024/06/14   鉛バッテリーリサイ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   ロシア産銅が行方不...
2024/06/14   24年銅スクラップ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   SMM、ジャカルタ...
2024/06/14   鉛バッテリーをはじ...
2024/06/14   東邦チタニウム:W...
2024/06/14   第3回 SDGs・...
2024/06/14   2024年4月の国...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   産業用電子機器輸出...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   タングステン輸出入...
2024/06/14   アルミ新地金国内港...

ブラックマス市場近況#1 相場急落シーズン入り 背後に中国や韓国の需要不振か

リチウムイオンバッテリースクラップを解体して得られるブラックマス市場における価格低下が止まらない状況だ。 要因としてニッケルやコバルトの相場下落の影響もあるが、加えての韓国、中国でのブラックマス需要の減退もあり、結果、ブラックマスのニッケル、コバルトの評価率も下落している。 ​現在NCM523のブラックマス価格については6.48~8.47$/kg。トレーダーによっては平均で6$/kgともいう。 安値に関しては2020年9月時点相当の6.46$/kgに迫る地点にまで落ちてしまっている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る