新着情報

2023/12/08   台湾:銅市場動向・...
2023/12/08   堅調な鉄スクラップ...
2023/12/08   北陸電力 太陽光パ...
2023/12/08   ベステラ:2024...
2023/12/08   《Metal Pr...
2023/12/08   《Metal Pr...
2023/12/08   《Metal Pr...
2023/12/08   《Metal Pr...
2023/12/08   リチウム市況14 ...
2023/12/08   東京製鐵 鉄スクラ...
2023/12/08   アルミUBC自治体...
2023/12/08   ステンレス鋼材国内...
2023/12/08   加テック、カザフス...
2023/12/08   パレットリサイクル...
2023/12/08   タンタル・キャパシ...
2023/12/08   青銅条輸出レポート...
2023/12/08   銅板輸出Repor...
2023/12/08   エコプロ2023〜...
2023/12/08   日本の銅箔輸出Re...
2023/12/08   MLCC輸出入Re...

格林美 インドネシアでの三元前駆体材料プロジェクトは2024年4月に稼働開始

 格林美(GEM)はこのほど、同社がインドネシア初の年産3万トンの高ニッケル動力電池3元前駆体材料プロジェクトの建設に投資していることを明らかにした。このプロジェクトはインドネシアの青美州ニッケル資源プロジェクトが自社生産する水酸化ニッケルコバルトマンガン混合物(MHP)を原料とし、「赤土ニッケル鉱—MHP原料—三元前駆体材料」の赤土ニッケル鉱から動力電池三元材料までの全産業チェーンの建設を実現する。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る