新着情報

2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   国内半導体生販在R...
2024/02/26   国内FPD製造装置...
2024/02/26   国内半導体製造装置...
2024/02/26   アジア合成樹脂市況...

レアメタル系スクラップ市場近況 2023#12 Ni相場下落の影響でNi系軒並みダウン チタンは絶好調

 今年のレアメタル系スクラップ市場を振り返ると、年後半にニッケル相場の下落もあり、状況は悪化していった、といえる。それは主にステンレス向けの低調が主因ではあったが、他に、中国における景気の悪化や自動車生産、半導体関連において低調な動きが続いた。しかしながら、後半には航空機関係が動き出し、チタン、スーパーアロイスクラップの需要が増したことはプラス。 すでに自動車生産は復調しており、半導体も来春には本格的な需要増期に入ると思われる。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る