過去の記事

ステンレス・フェロアロイ

絞り込む  

2019/02/21   新旧民間航空機の受注納入についての傾向

2月19日に日本航空機開発協会が発表した民間航空機の受注・納入統計を受けて、受注及び納入における新旧民間航空機の状況について調べてみた。なお、新型航空機とは、ボーイングではB787、B737max、B777x、エアバスではA380、A350、A320neoシリーズ(A319neo、A320neo、A321neo)を示し、それ以外を旧型とした。
詳しく見る

2019/02/21   1月の民間航空機受注納入統計:受注機数は46機、納入機数は85機

2月19日、日本航空機開発協会は、19年1月の受注・納入統計を発表した。1月の民間航空機受注機数は、46機(ボーイング46機、エアバス0機)となった。ボーイングは、新型航空機B787を18機、B737maxを9機受注した。エアバスは、受注ゼロだった。
詳しく見る

2019/02/21   20日の鋼材スプレッド:熱延・冷延拡大、棒鋼縮小

2月20日の中国の鉄鋼スプレッドをみると熱延鋼板は、前日比4.9%縮小し943元/トンと、2日振りに縮小した。冷延鋼板も、同0.9%縮小し1,506元/トンと、2日振りに縮小。異形棒鋼も、同0.2%縮小し940元/トンと、2月15日以降縮小が続く(図表1、5参照)。
詳しく見る

2019/02/21   MARKET TALK(現地02月20日)カッパー続騰で6,400ドル超え、ニッケル13,000...

現地20日のLME市場はドル安、米中貿易協議への進展期待、中国の景気対策期待でカッパー続騰し昨年7月以来の6,400ドル超えを果たす。ニッケルもBullishで再び13,000ドルへ急接近。上げ潮ムードが続いている。
詳しく見る

2019/02/20   2018年、国内産業用ロボット生産総括 年間生産伸びたが年末に成長減速

2018年の国内産業用ロボット生産は、前年比微増だった。年前半好調だったが、後半減速し、マイナス成長に転じたまま2019年に突入した。産業用ロボット品種別の需要では、プレイバック型から数値制御型ロボットへのシフトが見えて来た1年だった。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ