新着情報

2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   国内半導体生販在R...
2024/02/26   国内FPD製造装置...
2024/02/26   国内半導体製造装置...
2024/02/26   アジア合成樹脂市況...

E-Scrap市場近況2023#冬 高まる中華系の存在感と輸入依存体質

E-SCRAPの年間輸入量は過去10年、上下しながらも徐々に底上げされて増えてきた。足元、ほぼ15万トンラインに定位置を見つけた印象だが、2023年は2カ月を残して10月末で15万1,000トン超まで積み上がってきており、さらに水準を切り上げそうな勢いである。海外からE-SCRAPなどの二次原料を呼び込み、ニッポンを国際的な加工ハブにする。政府が目指すそんな鉱物資源政策の実現に一歩ずつ近づいているのか。つぶさに見ていくと、実態はどうも様子は違うようである。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る