新着情報

2024/04/19   経済安保的な意味合...
2024/04/19   苦境の内モンゴル合...
2024/04/19   再び米中対立深まる...
2024/04/19   豪州鉄鋼協会(AS...
2024/04/19   古河機械金属 医療...
2024/04/19   古河電工産業電線 ...
2024/04/19   共英製鋼:24/3...
2024/04/19   住友金属鉱山 20...
2024/04/19   触媒資源化協会 2...
2024/04/19   錫価格が急騰 18...
2024/04/19   米英追加ロシア制裁...
2024/04/19   工作機械工業会3月...
2024/04/19   MARKET TA...
2024/04/19   2024年2月 ア...
2024/04/19   阪和興業(香港)藤...
2024/04/18   日本製鉄:4月17...
2024/04/18   SDGsで注目され...
2024/04/18   中国製の鉄鋼とアル...
2024/04/18   SUSscrap ...
2024/04/18   ロシア「英米制裁、...

Americas Weekly7 NY市が「フランケンシュタイン・バッテリー」の摘発強化 火災止まらず危機感深まる

 米国では中古部品などで作られた非正規のリチウムイオン電池のことを「フランケンシュタイン・バッテリー」と呼ぶ。「でたらめに継ぎはぎされた電池」という意味だが、リチウムイオン電池による火災が相次ぐニューヨーク市では、消防当局が「フランケンシュタイン・バッテリー」の摘発の動きを強めている。ニューヨーク市は2023年9月にリチウムイオン電池を規制する法令を制定し、認証されていない電池の使用を禁じられた。 それでも「フランケンシュタイン・バッテリー」による火災は後を絶たず、危機感が深まっている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る