新着情報

2024/05/26   過熱するアルミ合金...
2024/05/25   MARKET TA...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   中・東欧で「一帯一...
2024/05/24   日鉄ステンレス:井...
2024/05/24   住友金属鉱山:コテ...
2024/05/24   再資源化事業高度化...
2024/05/24   Americas ...
2024/05/24   展示会で目立った「...
2024/05/24   国内産業用ロボット...
2024/05/24   二次電池PSI-R...
2024/05/24   国内FPD製造装置...
2024/05/24   国内半導体製造装置...
2024/05/24   2024年度講演会...
2024/05/24   「アスベスト」処理...
2024/05/24   2024半導体動向...
2024/05/24   MARKET TA...
2024/05/24   工作機械工業会4月...
2024/05/23   鉛バッテリー不買運...

中国製の鉄鋼とアルミの追加関税3倍に!? 米通商代表部、301条調査開始

 米国通商代表部(USTR)は17日(現地時間)、5つの国内労働組合がUSTRに提出した請願書を審査した後、海運、物流、造船部門を標的とした中国の行為、政策、慣行の調査を開始すると発表した。バイデン政権はこれに関連して、中国製の鉄鋼とアルミにかけている追加関税を3倍の20%超に引き上げることを検討するようUSTRに求めている。中国政府の補助を受け過剰生産された製品が廉価で輸出されており、対抗措置を強化する必要があるとしている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る