新着情報

2024/05/19   【MIRUウェビナ...
2024/05/19   SUSscrap ...
2024/05/18   高炉3社:24/3...
2024/05/18   SDGs花盛りの時...
2024/05/18   MARKET TA...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   生産動態統計(24...
2024/05/17   大平洋金属:決算説...
2024/05/17   ステンレス鋼材国内...
2024/05/17   UACJ:グリーン...
2024/05/17   東邦チタニウム:決...
2024/05/17   2024年3月のス...
2024/05/17   豪州、鉱業巻き返し...
2024/05/17   2024半導体動向...
2024/05/17   大阪ガス(Daig...
2024/05/17   NY銀価格が11年...
2024/05/17   集積回路プロセッサ...
2024/05/17   はんだ輸出入レポー...

中国 亜鉛を含む廃棄物は持続的に政策支援を受け酸化亜鉛企業の海外進出は好調を迎える

一、亜鉛含有廃棄物利用の推進要因 1、亜鉛資源の不足とサプライチェーンの安全は亜鉛を含む廃棄物利用の核心駆動力である  2023年現在、世界の亜鉛埋蔵量(経済可採埋蔵量)は2億2千万金属トンで、主にオーストラリア、中国、ロシア、ペルーなどに分布している。2023年の1200万金属トンの生産量から計算すると、世界の亜鉛資源の静的可採年限は18.3年で、基本金属の中で可採年限が低い品種に属する。対照的に、アルミニウムと銅の可採年数はそれぞれ80年と40年である。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る