新着情報

2024/05/26   過熱するアルミ合金...
2024/05/25   MARKET TA...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   黒崎播磨:24/3...
2024/05/24   中・東欧で「一帯一...
2024/05/24   日鉄ステンレス:井...
2024/05/24   住友金属鉱山:コテ...
2024/05/24   再資源化事業高度化...
2024/05/24   Americas ...
2024/05/24   展示会で目立った「...
2024/05/24   国内産業用ロボット...
2024/05/24   二次電池PSI-R...
2024/05/24   国内FPD製造装置...
2024/05/24   国内半導体製造装置...
2024/05/24   2024年度講演会...
2024/05/24   「アスベスト」処理...
2024/05/24   2024半導体動向...
2024/05/24   MARKET TA...
2024/05/24   工作機械工業会4月...
2024/05/23   鉛バッテリー不買運...

Fe Scrap Watch2024#3 国内需要少ないがスクラップ発生はなお少なしで横ばい

 国内鉄スクラップ市況はH2で実勢トン5万円台で推移。タイトル通りではあるが、国内電炉丸棒メーカーが記録的な低生産量で推移し、原料スクラップの需要も落ちているなか、スクラップ発生はなお少ないということで奇妙な需給バランスのうえでスクラップ市況は横ばいを維持している。この発生の少なさは年内いっぱいは続くとみられており、スクラップディーラーにとっては厳しいシーズンがつづくことになる。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る