新着情報

2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...
2024/06/17   愛知製鋼 Ni系S...
2024/06/17   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   2024年4月のス...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   中国経済、一段の悪...
2024/06/17   三井物産 インドの...
2024/06/17   東京製鐵 2024...
2024/06/17   LME Weekl...
2024/06/17   はんだ輸出入レポー...
2024/06/17   超硬工具輸出Rep...
2024/06/17   新技術 チタンの高...
2024/06/17   国内電気銅PSI ...
2024/06/17   国内伸銅品PSI実...
2024/06/17   二次電池輸出Rep...
2024/06/17   エンビプロHD、レ...
2024/06/17   2024年4月 鉄...

アルミ合金&スクラップ市場近況2024#10 高値圏で続伸――先高期待で思惑相場の色合いも

 アルミ合金と国内アルミスクラップ市況は高値圏で上値を試す展開が続いている。円安で荷が輸出向けに流れ、発生薄と重なって需給のひっ迫感が引き続き強いためだ。スクラップは全面高となっており、これにおくれて製品の国産ADCが上げ余地を探る形で相場形成は進んでいる。15日現在5月上旬比で主要スクラップが5‐25円の幅で上げ、国産ADCも5‐10円切り上げ1キロ380‐390円の水準にある。ただ、高値圏で推移するLME相場との見合いで先高期待が膨らみ、それを指標とするスクラップの国内の荷動きはむしろ細っているとの指摘もあり、実需とは離れた思惑相場の色合いもにじみ始めた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る