新着情報

2024/06/18   愛知県の太田商店が...
2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...

太陽光発電パネルのリサイクルの現状

 地球温暖化を招くとされる化石燃料から再生可能エネルギーへの転換に世界が舵を切る中、耐用年数を過ぎた大量の太陽光発電パネルをどう処理、リサイクルすべきかという新たな環境問題が世界で持ち上がっている。わが国でも2012年7月から始まった固定価格買取制度(FIT制度)の登場で急増した太陽光パネルの寿命は一般的に20から30年とされており、2030年代には年間80万トン(約4,000万枚分)のリサイクルが見込まれ、故に「2030年問題」とも指摘されている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る