新着情報

2024/06/17   アルミ合金&スクラ...
2024/06/17   リファインバース ...
2024/06/17   コバルト市場近況2...
2024/06/17   愛知製鋼 Ni系S...
2024/06/17   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   2024年4月のス...
2024/06/17   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/17   中国経済、一段の悪...
2024/06/17   三井物産 インドの...
2024/06/17   東京製鐵 2024...
2024/06/17   LME Weekl...
2024/06/17   はんだ輸出入レポー...
2024/06/17   超硬工具輸出Rep...
2024/06/17   新技術 チタンの高...
2024/06/17   国内電気銅PSI ...
2024/06/17   国内伸銅品PSI実...
2024/06/17   二次電池輸出Rep...
2024/06/17   エンビプロHD、レ...
2024/06/17   2024年4月 鉄...

カネカの生分解性バイオポリマー「Green Planet®」スズキ船外機の梱包資材に採用

 株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:藤井 一彦)は、66日、「カネカ生分解性バイオポリマーGreen ®Planet (以下、Green Planet)」製のフィルム、発泡成型品が、スズキ株式会社(静岡県浜松市中央 区、社長 鈴木 俊宏)の船外機の梱包資材に採用されたと発表した。フィルムは船外機の埃除けカバーと付帯部品の袋、発泡成型品は緩衝材に使用される。

 

 Green Planetは、石油資源に依存せず、環境にやさしいソリューションを提供したいという思いを原点に同社が開発した100%バイオマス由来の生分解性バイオポリマー。幅広い環境下で優れた生分解性を有し、土壌中に加え海水中でも容易に分解され CO2 と水に戻るため、プラスチックに よる環境汚染問題の解決に貢献する。

 

 スズキは「スズキクリーンオーシャンプロジェクト」を立ち上げ、海洋プラスチックゴミの解決への取り組みを推進している。また、スズキマリン部門では日本で生産される船外機の完成品梱包について、2026 年度までに石油由来プラスチックの使用量をゼロにする目標を掲げる中で、Green Planetの環境性能を評価され、この度の採用に繋がった。

 

 

 

IR universe rr

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る