新着情報

2024/07/25   NEDO、重希土フ...
2024/07/25   MRAI第二回国際...
2024/07/25   スキー場跡地をバイ...
2024/07/25   液化水素サプライチ...
2024/07/25   インドネシア産中間...
2024/07/25   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/25   伊藤忠丸紅鉄鋼、ス...
2024/07/25   CO2排出しない純...
2024/07/25   日本製鉄:宝山鉄鋼...
2024/07/25   原油価格の動向(7...
2024/07/25   宇津木金属、リユー...
2024/07/25   住友金属鉱山:モレ...
2024/07/25   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/25   MARKET TA...
2024/07/25   【CEシンポ登壇企...
2024/07/24   SUSscrap ...
2024/07/24   Fe Scrap ...
2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...

元鉄鋼マンのつぶやき#5  電炉メーカーが今、特にCプレスを好んで使う理由とは?

 1980年代、スチール缶の素材の製造は、鉄鋼業界にとって一つの目標でした。「電気の缶詰」と言われたアルミ缶よりも、スチール缶の方が省エネだからです。このスチール缶のスクラップをCプレス、といいます。CANプレスの意味でCプレスです。このCプレスの主な買い手は電気炉メーカーですが、今、特に電気炉メーカーはCプレスを好んで使っています。それはなぜでしょうか?
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る