新着情報

2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   工作機械工業会6月...
2024/07/24   アルミ対日プレミア...
2024/07/24   三菱ケミカル MM...
2024/07/24   エネコートが総額5...
2024/07/24   中国 アルミニウム...
2024/07/24   希土類元素とその製...
2024/07/24   湖南大学の課題グル...
2024/07/24   LME市場売り優勢...
2024/07/24   中国のゲルマニウム...
2024/07/24   世界の半導体需要と...
2024/07/24   日本製鉄、中国の自...
2024/07/24   ニッケル協会:9月...
2024/07/24   Americas ...
2024/07/24   MARKET TA...
2024/07/24   JFEスチールの物...
2024/07/23   古河電池に投資ファ...
2024/07/23   核融合エネルギーの...
2024/07/23   24年リチウム市況...
2024/07/23   日本製鉄・橋本会長...

古河電気工業、リフロー錫めっき事業から撤退

 古河電気工業の銅条・高機能材事業部門は5日、リフロー錫めっき事業から撤退すると発表した。順次、製造・販売を停止し、2026年3月末に同事業から撤退予定。

 

 対象商品は三重事業所にて製造するリフロー錫めっき条全般。同製品はコモディティ製品として汎用性が高く、海外ローカルサプライヤーの参入で競争環境が厳しくなってきたことが要因となった。

 同社は中期経営計画2022-25「Road to Vision 2030 -変革と挑戦-」で掲げている資本コストや資本収益性の観点に基づき製品ポートフォリオの見直しを実施。同事業について検討を進めた結果、将来的な事業環境の改善が見込めないことから、撤退を決定した。

 

 

(IRuniverse K.Kuribara)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る