新着情報

2024/07/12   デコ活、1642の...
2024/07/12   黒谷、不採算案件の...
2024/07/12   津軽バイオマスエナ...
2024/07/12   環境産業の市場規模...
2024/07/12   リテールパートナー...
2024/07/12   DENZAI&ベス...
2024/07/12   インドJSWste...
2024/07/12   中国で銅在庫が急増...
2024/07/12   インドネシアHar...
2024/07/12   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/12   世界の半導体需要と...
2024/07/12   インドSMEL社 ...
2024/07/12   2024年5月の国...
2024/07/12   中国 次世代電池技...
2024/07/12   中国の鉄鋼貿易業者...
2024/07/12   EUの「包囲」が予...
2024/07/12   中国 動力電池の回...
2024/07/12   レアアース業界初の...
2024/07/12   上半期、欧州に輸出...
2024/07/12   鉄鋼・非鉄関連会社...

鉛バッテリースクラップ市場近況2024#8 高値120円相場に突入――相場高騰で「水増し」の可能性も

 鉛バッテリースクラップ市況が未踏の領域へまた一歩、その軌跡を刻んでいる。10日現在、6月中旬比で7円高の1キロ112円と、例年にない高値を付けながら、なお先高観に包まれている。気温上昇で発生薄に拍車が掛かる一方、巣鉛としての海外からの引き合いは強く、輸出に向かった分、国内の荷繰りが窮屈になるといった循環に陥っているためだ。「再び上値を試し始めた指標のLME相場(現物)動向などだけでは説明がつかない、実需に支えられた勢いを感じる」(問屋筋)という。国内市況との兼ね合いでみると、輸出価格の上昇テンポは遅れ気味とされており、今後、その遅れを取り戻すため、輸出が引っ張る形で高値を追う展開が続きそうだ。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る