新着情報

2024/07/21   Americas ...
2024/07/20   MARKET TA...
2024/07/20   パナソニックエナジ...
2024/07/20   住友商事、EVと系...
2024/07/19   ステンレス鋼材国内...
2024/07/19   アジア合成樹脂市況...
2024/07/19   鈴木商会 アルミド...
2024/07/19   米中摩擦が生んだア...
2024/07/19   週刊バッテリートピ...
2024/07/19   対ロシア制裁どこ吹...
2024/07/19   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/19   アドテックプラズマ...
2024/07/19   コンデンサ国内生産...
2024/07/19   国内酸化チタンPS...
2024/07/19   国内半導体製造装置...
2024/07/19   日本電線工業会出荷...
2024/07/19   日本電線工業会出荷...
2024/07/19   日本電線工業会出荷...
2024/07/19   伊藤忠 サプライチ...
2024/07/19   双日がシンガポール...

日本の産業未来図㉑ SIPリグニンで日本の森林が高付加価値に変身 ①

リグニンは「未開の森林資源」  最近、木質チップを利用したバイオマス発電や、東大の磯貝教授などが森林科学分野のノーベル賞と称されるマルクス・ヴァーレン賞の受賞で話題となったセルロースナノファイバーが話題となっているが、新たなエースとして「改質リグニンの利用」が表舞台に上がろうとしている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る