メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/06/06   MARKET TA...
2020/06/06   フジクラ:2度延期...
2020/06/06   古河電工:自動車の...
2020/06/06   5日の中国鋼材スプ...
2020/06/05   Fe Scrap ...
2020/06/05   東北村田製作所 鹿...
2020/06/05   日鉄 名古屋製鉄所...
2020/06/05   ミネラルサンド市場...
2020/06/05   Japanese ...
2020/06/05   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/06/05   今、コロナ禍に対抗...
2020/06/05   《Metal Pr...
2020/06/05   《Metal Pr...
2020/06/05   《Metal Pr...
2020/06/05   《Metal Pr...
2020/06/05   中国 5月の精錬亜...
2020/06/05   貴金属レポート#1...
2020/06/05   貴金属レポート#1...
2020/06/05   貴金属レポート#1...
2020/06/05   鉛建値9円引上げの...

19年7月 チタンスクラップ輸出統計分析 前月割れも史上初の2カ月連続800トン台達成

2019.09.17 13:52

 

→(関連記事)【貿易統計/日本】 2019年07月のチタンスクラップ輸出入統計

 

 

(概況)

 過去最高記録を更新した先月には若干及ばなかったものの、史上初めて2カ月連続800トンを記録した。

 

 

(詳細分析)

 数量では、7月単月で総量8327トン、前月比97.1%、前年同月比164.1%、1-7月累計で5,051トン、前年同期比138.8%であった。前月からは米英とも上積みし、前年に対しても単月、累計とも大きく伸ばしている一方、「その他」が前月から30%近く減少し、総量での若干の前月割れとなった。上期累計でみると米・英がそれぞれ前年に対して40-50%前後伸ばし、「その他」が横ばいとなっていたが、年後半に入ってもその基本構図に変わりないとみてよいだろう(表―1、グラフ―1)。このままの推移が続けば通年数量で9,000トンラインが見えてきた。

 

 数量構成比で前月から当月で「その他」の大幅減少に伴いその構成比も15%から10%弱に低下した。2017年では米・英合わせた比重が70%弱程度だったのが、昨年後半から80%前後で推移するようになっており、7月は90%を超えるところまで来ている(グラフ―2)。

 

 金額では、7月単月で3億17百万円、前月比87.1%、前年同月比143.9%、1-7月累計で20億95百万円、前年同期比146.3%。2カ月連続3億円超えで、これも史上初のこと。通年では35億円超えがかなり確実になってきた(表―2、グラフ―3)。

 

 FOB単価は全体平均で前月キロ425円が381円、米国が同じく473円が9%切り下がり429円、英国が223円が6%切り下がって209円と軒並み下落、4月、5月続騰から一転続落した。

 

 主要税関別実績では、直江津が前月22トンから当月117トンへと急伸した。主要国税関別では見ると直江津117トンの内105トンが米国向けであった。同国向け横浜通関の単価が前月より大幅低下、他税関と比べても著しい低さ、その他税関通関単価も押しなべて切り下がっている。

 

 

  主要税関別数量・FOB実績 ( )内は前月実績

  東京       131        トン       ¥505      (           219        トン       ¥514      )

  横浜       65         トン       ¥155      (           48         トン       ¥327      )

  神戸       196        トン       ¥305      (           212        トン       ¥386      )

  大阪       323        トン       ¥365      (           356        トン       ¥412      )

  直江津    117        トン       ¥540      (           22         トン       ¥319      )

 

 

  主要国別税関別数量・FOB実績 ( )内は前月実績

  米国       横浜       48         トン       ¥124      (           26         トン       ¥223      )

               神戸       126        トン       ¥367      (           149        トン       ¥460      )

               大阪       147        トン       ¥482      (           141        トン       ¥465      )

               東京       120        トン       ¥510      (           211        トン       ¥518      )

               直江津    105        トン       ¥461      (           0           トン                     )

  英国       神戸       70         トン       ¥191      (           63         トン       ¥213      )

               大阪       136        トン       ¥218      (           128        トン       ¥219      )

 

 

(今後の注目点)

 過去の変動パターンから7月は下振れ確率高く700トン台を先月では予想したが実際の下振れ幅はずっと小さく800トン台を維持した。8月も800トン台維持しそうだがどう出るか。欧米チタン加工メーカーの在庫潤沢で出荷繰り延べが出ているとの報もある。FOB単価は、ほぼ月々8%続落したが歯止めがかかるのかどうか、その辺が見どころとなりそうだ。

 

→(関連記事)RM系Scrap市場近況2019#10 チタンスクラップ需要旺盛で堅調

 

 

表とグラフ

 

 

(IRUNIVERSE S. Aoyama)

 

 

関連記事