メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/07/31   豪VIC州Geel...
2021/07/31   【コモディティと人...
2021/07/31   タツモ(6266)...
2021/07/31   Niron Mag...
2021/07/31   次世代電池となるか...
2021/07/31   MARKET TA...
2021/07/31   中国 21年上半期...
2021/07/31   7月第5週の中国鋼...
2021/07/31   中山製鋼所:100...
2021/07/30   大紀アルミ:予想外...
2021/07/30   愛知製鋼:スクラッ...
2021/07/30   ユミコア2021前...
2021/07/30   東芝エネルギーシス...
2021/07/30   深海採掘、2年後に...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   【コモディティと人...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   東京鐵鋼:厳しいス...

レアアース市場近況2020#19 6月末の国際レアアース市況と関連市場動向

2020.06.30 12:32

 サプライヤーのコストがしっかりしているため、6月最後の中国および世界のレアアース市場はこじっかり。中国のPrNd、ネオジム、テルビウム輸出関連価格は上昇。ジスプロシウム、ユーロピウム、イットリウム、ランタンの輸出価格は安定。海外の輸入業者は当用買い。需要は低迷しているため、サプライヤー間の競争激化でセリウム関連の輸出価格は下落。

 

 

~中国の希土類磁石輸出状況~

 

 中国の貿易統計では希土類磁石の輸出コードがわかれており、その動向は明確にわかる。以下が2017年~2019年、2020年は1-3月累計での輸出実績だが、輸出先トップはダントツでドイツ向けで2019年は6,687トンの輸出があった。日本向けは19年が1,279トン。単価からみて日本向けはネオジム磁石と推定される。アメリカ向けは19年が4,589トン、韓国向け3,148トン、デンマーク向けが2,269トンなどとなっている。総輸出量は17年の29,905トンから19年は35,269トンと伸び続けていることがわかる。

 

 

(中国の希土類磁石の輸出実績推移)

表

 

 

~中国のレアアース輸出市況~

 

中国のネオジム金属99%

 サプライヤー側のコストがしっかりしているため、中国のネオジム金属の主要輸出価格は+USD0.3 / kgのUSD52.3-53.3 / kg FOBChinaへと上昇。海外の輸入業者は依然当用買い。

 

 

金属ネオジム相場の推移(99% USD/kg FOB China)3か月

グラフ

 

 

中国のフェロジスプロシウム80%

 中国のフェロジスプロシウム80%の主要輸出価格は、海外からの需要がさえず、前週とかわらずUSD265〜270 / kg FOB China。コストは安定しているためサプライヤーは値下げを受け入れず。

 

 

中国のランタン酸化物99.9%

 中国のランタン酸化物99.9%minの主要輸出価格は、かわらずのUSD1,600-1,700 / t FOB China。コストは安定しており、中国元高から、値下げは受け入れず。

 

 

ヨーロッパの酸化セリウム99.9%min

 欧州市場の酸化セリウム99.5%minの主要価格は、ロッテルダム倉庫で前週と変わらず、USD1.8〜1.9 / kg。 買いはまばらで取引は閑散。 利幅薄のため、サプライヤーは価格引き下げには応じず。

 

 

ヨーロッパの酸化プラセオジム99.5%min

 ヨーロッパの酸化プラセオジム99.5%min主要価格は、ロッテルダム倉庫でかわらずのUSD40.5〜41.5/ kg。セラミック顔料業界からの需要は低迷しているものの、現状ではサプライヤーは利益が得られないため値下げせず。

 

 

~希土類企業動向~

 

Longnan SmeltingとGanzhou Telecomが戦略的協力協定

 Longnan SmeltingとGanzhou Telecomは、共同で5G プラスに向けた希土類精錬インテリジェント化学プラントを建設するための戦略的協力協定を締結。この工場建設により、人的作業は大幅に減少し、労働負荷が削減され、クリーンな生産環境と品質向上を達成することになる。

 

 

四川天地はボンド磁粉を減産

 四川天地磁石技術有限公司は、四川省の磁性粉大手。2020年上半期のボンド磁粉生産高は前年比前年比10%減の180トン。同社は2015年に設立され、資本金は3000万元。四川Tianciマグネットテクノロジー株式会社が年産能力1,000t分を所有。同社は(BH)最大性能13.0MGOEのボンド磁粉を産出する。上位3株主はLi Jing(保有比率33.75%)、Wang Chenyu(同15%)とWenqiang(同11.25%)。需要減少により、昨年と2020年直近までの粉末生産量は約400トンと170トン。在庫は現在約5トンで前月並み。

 

 

LynasのPrNd生産が前年比減少

 中国以外で最大のPrNd製造業者ライナスの2020年7月のPrNd生産量は前年比30%減の約420トンとなる見込み。オーストラリアの希土類採掘会社ライナスは、西オーストラリアでマウントウェルド希土類鉱床とマレーシアのクアンタンにあるLynas Advanced Materials Plantを保有し、希土類精鉱と酸化物を産出している。コロナ禍により3月下旬から5月初めまで生産停止していたためと、生産再開後も稼働率が低水準にとどまっていることから、2020年第1四半期のPrNd関連製品生産高は1,369トン、第2四半期は650トンの見込み。昨年初めから中国向け供給を減らし、主に日本向けにPrND関連製品を提供。

 

 

~関連業界ニュース~

 

中国の焼結ネジオム磁石価格

 PrNdミッシュメタルとテルビムの価格は上昇傾向にあるが、中国の粗焼結ネオジム磁石市場では、エンドユーザーからの需要が弱かったことから薄商いで、価格は安定。 焼結ネオジム磁石N35(正方形)およびN52(正方形)の主要価格は100- 105元 / kg(USD14.1-14.8 / kg)および150-155kg元(USD21.2-21.9 / kg)T / T60daysといずれも先週とかわらず。 サプライヤー間の競争もみられず。

 

 

中国の希土類蛍光体粉末市場は引き続き薄暗い

 希土類蛍光体粉末市場は、需要が引き続き低迷しているため、まだ明るさは見えず。中国の赤と青の粉末の主要価格はそれぞれ67-72元 / kg(USD9.5-10.2 / kg)および73-78元 / kg(USD10.3-11.0 / kg)EXW D / A 180で変わらず。中国の酸化テルビウム99.99%minの価格が上昇し続けたので、グリーン蛍光体パウダーは、バイヤーの様子見にも関わらず+5元/ kg(USD0.7 / kg)の350-360元 / kg(USD49.5-50.9 / kg)EXW D / A 180daysへと上昇。

 

 

(IRUNIVERSE Shiba)

 

 

 

関連記事