メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/07/31   豪VIC州Geel...
2021/07/31   【コモディティと人...
2021/07/31   タツモ(6266)...
2021/07/31   Niron Mag...
2021/07/31   次世代電池となるか...
2021/07/31   MARKET TA...
2021/07/31   中国 21年上半期...
2021/07/31   7月第5週の中国鋼...
2021/07/31   中山製鋼所:100...
2021/07/30   大紀アルミ:予想外...
2021/07/30   愛知製鋼:スクラッ...
2021/07/30   ユミコア2021前...
2021/07/30   東芝エネルギーシス...
2021/07/30   深海採掘、2年後に...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   【コモディティと人...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   《Metal Pr...
2021/07/30   東京鐵鋼:厳しいス...

米国航空機業界とチタンスクラップ市場 相場はさらに落ち込む可能性大

2020.07.02 08:57

 6月24日、Argus Media主催によるウェビナーが開催され、同社のマーケットレポーターNicholas Bell氏による「チタンスクラップ2020年:アメリカのスクラップの現状と航空機業界」と題されたプレゼンテーションが行われた。

 

 コモディティ市場・価格分析を行うArgus Media社の業務紹介に続き、このウェビナーでは、商用航空機における新型コロナウィルスの影響、事故を引き起こし問題となっていたボーイング737 MAXの飛行停止と納品、航空業界におけるスクラップについて焦点が当てて話が行われた。

 

 

米国における新型コロナウィルス感染拡大の航空機製造における影響:

 3月25日および4月8日にボーイングは2件のプラントの稼働を停止、その後4月20日に一件再開、2件目の再開は5月3日となった。エアバスも4月は3週間以上稼働を停止している。コロナ危機下で航空機利用客は激減したため、2020年度の展望は、今後の回復モデルにより前年度から35%(v字回復の場合)あるいは60%(U字回復の場合)減少するとみられている。また航空業界の不況によりさらなる注文のキャンセルを予想。9.11やリーマンショック時のような単一の危機的イベントと比較では、今回のコロナウイルス危機は経済への影響がより長引き、今後は景気後退に突入するとみられている。

 

 

ボーイング737MAX の飛行停止と納品状況:

 2019年3月にボーイング737MaxシリーズがFAAにより飛行停止命令を受け、同年12月にボーイング社は同機種の製造を一旦中止した。2020年のQ1には商業航空機の納品数は前年度の737機から149機に減少、66%の落ち込みとなった。737機の納入は5機のみで94%の急減。

 

 

航空機産業におけるチタンスクラップ:

 チタン産業における年間のスクラップリサイクル平均量は、1995年から2007年でおよそ1万2,697トン、2008年から2019年のでは3万2,720トンなっており、2011年から2016年の間に特に大幅な上昇が見られる(CAGR26.7%)。航空機グレードのチタンスクラップの価格は、2008年から現在まで3ドル/Ib 以下に留まっている。

 

 価格動向としては、過去の動きを見ていくと、スクラップ量の減少とミル業者の需要の増加が価格上昇の要因となり、チタン生産量が上昇すればスクラップ量も増加、競争により価格の低下につながる。また、部品製造業者が在庫を処分すると、二次スクラップ市場における需要が低迷、処理業者は現金収入を求めてスクラップ在庫を精算する、というパターンが繰り返されている。

 

 

価格の現状と今後:

 過去2ヶ月(4月初旬から5月末)でチタン価格は60%ダウン。737Maxの製造が中止したことはクラップ注文に大きな打撃を与え、3Qおよび4Qまで注文の延期あるいはキャンセルを出している。今後の価格は、3Qおよび4Q共にさらなる低下が予想されるが、先行きは不透明。長期的に見た航空機需要は、安定していると見られるが、未処理在庫は膨れる可能性もある。スクラップリサイクルは今後も成長していくとの展望。

 

 

純チタンスクラップ相場の推移(JPY/kg)1年

グラフ

 

 

(関連記事)

 ・ロシアVSMPO-AVISMA 航空大不況で9月よりチタン生産を一時休止

 ・英国タイメット社 航空大不況でチタン工場の雇用維持危機!

 ・貿易統計:20年5月のスポンジチタン輸出量、ボーイング減産の影響からか、両社との減少だが東..

 ・5月の民間航空機受注納入統計:受注機数9機、納入機数28機

 ・2020年4月チタンスクラップ輸出入統計分析 輸出入とも前月割れ

 ・レアメタル系スクラップ市場近況2020#4 輸出向け、航空機向け販売減顕著

 

 

(Y.SCHANZ)

 

 

関連記事