メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/07/02   フェロアロイ市場近...
2020/07/02   Li-Cycle社...
2020/07/02   自然エネ財団 石炭...
2020/07/02   サプライチェーンの...
2020/07/02   UACJ、Alum...
2020/07/02   コロナ禍とデジタル...
2020/07/02   日本からの銅箔輸出...
2020/07/02   銅条輸出Repor...
2020/07/02   精製銅輸出Repo...
2020/07/02   欧州からの風#87...
2020/07/02   1日の中国鋼材スプ...
2020/07/02   MARKET TA...
2020/07/02   欧州からの風#86...
2020/07/02   米国航空機業界とチ...
2020/07/02   2020年1-4月...
2020/07/02   レアアース市場近況...
2020/07/02   【プラスチックを読...
2020/07/02   再生プラスチック ...
2020/07/01   SUSscrap ...
2020/07/01   2020年6月LM...

英国 E-waste回収量減少しかし回収率はUP

2013.08.14 23:55

 家庭と非家庭(事業所等)の廃電気および廃電子機器(WEEE)の回収量は2012年の1月~3月の125,875tに対し、今年の1月~3月は112,415tと減少した。しかし、回収率は30%以上に上昇したとのこと。
 欧州連合WEEE指令改変により加盟国は2016年までに市場で販売された電子機器の45%の回収率を達成する見込みである。その目標を達成するのに加盟国は2014年までに生産に関わる適度な法律が必要となり、欧州連合も今後の10年間におけるE-waste流入への対応を準備している。
 英国の明らかな回収量減少に対処するために、ビジネス・イノベーション・職業技能省(BIS)は来月にて現行のWEEEリサイクル・プログラムの変更を提案する可能性がある。
 環境庁の最新報告からみると、その変更は実現する可能性が高い。多くの業者は、生産に関わる法律に基づいた費用のためのWEEEリサイクル・プログラムの適度な支援をBISに呼びかけた。BISの提案は2014年の1月から有効となる。
(IRuniverse Su-san)

関連記事