メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/03/02   2月の銅の概況及び...
2021/03/02   酸化コバルト輸入R...
2021/03/02   紛争鉱物の一丁目一...
2021/03/02   炭酸リチウム輸入R...
2021/03/02   伊藤園、アルミレス...
2021/03/02   米バイデン政権 サ...
2021/03/02   ステンレス鋼材国内...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   水酸化リチウム輸入...
2021/03/02   どこから来るの?水...
2021/03/02   2020年の世界鉛...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   銅鉱石輸入Repo...
2021/03/02   中国の古紙禁輸のイ...
2021/03/02   中国の古紙禁輸のイ...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   2021年02月 ...
2021/03/02   2021年02月 ...
2021/03/02   2021年02月 ...
2021/03/02   2020年の中国ア...

米中新冷戦のなかで希土類の自給自足体制を急ぐ米政府

2020.07.27 08:17

 米中対立は昨年までの貿易戦争からさらに一歩も二歩も踏み込んで、ほとんど国交断絶手前というほどに悪化している。中国も昨年までの妥協、譲り合いの精神のカケラもなく、完全に戦闘体制。売られたケンカはすべて買います、というファイティングポーズをお互い崩さないなか、米国はかねてからの課題である希土類(レアアース)の自給自足へと向けて政治的な動きも活発化している。

 

 米国下院は、ミサイル、携帯電話、その他のハイテク機器の製造に使用される特殊鉱物の国内生産を増やす方法に焦点を当てるため、先週金曜日(25日)に超党派党員集会を立ち上げました。

 

 Critical Materials Caucusは、希土類、リチウム、チタン、その他のニッチだが重要な鉱物の世界最大の生産者または加工業者としての中国の力を鈍らせるためのワシントンの当局による最新の取り組みです。

中国は2020年にレアアースの採掘割当量を前年比6.1%引き上げ、過去最高の年間採鉱量としている。

 

 

 カリフォルニア州民主党員のエリックスウェルウェル議員とペンシルバニア州の共和党員のガイレシェンターラー議員が議長を務め、下院管理委員会の指導者により承認されました。

 

 米国防総省と米国のテクノロジー企業の増加は、北京とワシントンの関係がさらに悪化した場合、中国が米国への鉱物の輸出を止める可能性があります。2010年に尖閣問題から中国が日本向けの希土類輸出を一時的に止めたように。。

 

 「私たち全員が、アメリカがこの国家安全保障問題に対処することを確実にしたいのです」と、スウェルウェル氏はロイターニュースに語っている。

 

 米国国防総省は、レビューが国の最善の利益になることを確認した後、軍事兵器用の希土類鉱物を処理する2つのプロジェクトへの資金提供を再開しました。

 

 ペンタゴンは4月22日、オーストラリアのLynas Corpと非公開のMPマテリアルを、テキサスとカリフォルニアのレアアース分離施設にそれぞれ資金提供しました。

 

 コーカスのメンバーは当初、米国エネルギー省の研究所でレアアース研究に恒久的に資金を提供するためにスウェルウェルが導入した法律に焦点を当てる予定です。

 

 中国は、ここ数十年で初めて、これらの鉱物の多くの世界的な生産国のトップになりました。 希土類産業は、かつて、米国のマンハッタンプロジェクトの一環として第二次世界大戦中にアメリカで始まりましたが、技術は徐々に海外の中国に移行しました。

 

 「重要な鉱物の自給自足達成に向けて努力することは、私たちの国にとってこれまで以上に重要です」とレシェンターラーは言いました。

 

 党員集会によれば、党員集会は下院で始まり、上院に拡大する可能性があるという。

 

 

(IRuniverse)

 

 

関連記事