メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/03/02   東京製鐵、鉄スクラ...
2021/03/02   電力制限で内モンゴ...
2021/03/02   ニッケル高、電池向...
2021/03/02   実装前半導体メモリ...
2021/03/02   国際亜鉛協会(IZ...
2021/03/02   神戸製鋼所:ロシア...
2021/03/02   2月のアルミ概況お...
2021/03/02   2月の銅の概況及び...
2021/03/02   酸化コバルト輸入R...
2021/03/02   紛争鉱物の一丁目一...
2021/03/02   炭酸リチウム輸入R...
2021/03/02   伊藤園、アルミレス...
2021/03/02   米バイデン政権 サ...
2021/03/02   ステンレス鋼材国内...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   水酸化リチウム輸入...
2021/03/02   どこから来るの?水...
2021/03/02   2020年の世界鉛...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   銅鉱石輸入Repo...

低生産にもかかわらずチタン精鉱の売上高は上昇 BaseTitanium社

2020.07.30 11:46

 ケニアに拠点を置くオーストラリアの鉱山会社Base Titanium社は7月28日、生産量が減少したにもかかわらず、6月期の販売記録が好調であると報告した。クワレで採掘された3つの主要鉱物、イルメナイト、ルチル、ジルコンの総売上高は、14万234トンで取引を終了した。これは前年同期の13万9696トンから増加しており、政府のロイヤルティ収入の増加を示している。

 

 好調な業績になったのは、Covid-19パンデミックが世界の輸出入市場を混乱させた時期と重なる。Covid-19の影響で生産は減速し、総生産量は前年同期の11万8787トンに対して11万2046トンで終了していた。

 

 Base社のゼネラルマネージャーであるSimon Wall氏は、「高い売上は市場での安定した需給に起因し、主要な顧客が購入(契約)に専念したためだ」と述べている。

 

 しかし、見事なショーにもかかわらず、国内のチタン鉱山の将来性ついては不安定要素がある。ベースチタンのクワレプロジェクトの現在の鉱山寿命は2年未満で終わると見られているからだ。

 

 Wall氏は「中国の顔料生産者(同社の主要なイルメナイトの顧客)は、イルメナイトの需要と、2020年の残りの期間に計画された出荷を進める意向を再確認した。同四半期の顧客からの継続的で堅調な需要により、イルメナイトの価格はさらに上昇し、ルチルとジルコンの価格は安定していた」と決算説明会で述べた。

 

 中国国内の顔料需要は2020年2月のコロナによる操業停止以来、回復しており、輸出需要の減少を一部相殺している。Covid-19の影響で中国とインドでのイルメナイトの生産が3月から6月の期間を通じて停止した。ケニア産チタン精鉱の利用により起きていた世界的なイルメナイト不足がさらに悪化した。Wall氏は「イルメナイトの市場は、9月期の初期段階では依然として厳しいままだろう」と指摘している。

 

 2019年に減産した後、チタン鉱石からの収益の2.5%がロイヤリティになっていて、ケニア政府にとって良い収入となっている。

 

 2020年の経済調査によると、3つのチタン鉱石鉱物の合計値が、2018年の203億Shから2019年の196億に減少したことが示されている。4月発表の調査では、イルメネテとジルコンの鉱物の値はそれぞれ18.0%と11.1%に減少したが、ルチル鉱物の値は2019年に13.2%増加したことを示している。

 

 2019年にチタン鉱石と精鉱の輸出の単価が19.5%上昇して1トンあたり3万2555 Sh に達したにもかかわらず、その輸出収益は154億Shから139億Shに減少した。

 

 Base Titanium社は、現在の特別鉱業リースが終了する2025年を超えて、ケニアでの事業を拡大し拡張したいとしている。鉱山寿命に基づく生産は、2022年12月に終了。生産と輸出をつづけられるために申請した探鉱および鉱業免許をケニア政府が迅速に承認することを望んでいる。

 

 今日までに、20億Shを超えるロイヤルティが支払われており、GDPへの貢献が現在の鉱山の寿命を通じて1,000億Shに達すると予想される。ベースチタンだけでもケニアの鉱物生産量の65%を占め、国の輸出に年間約200億Shを貢献している。そのうち55%は中国への輸出である。

 

 

(IRUniverse)

 

 

関連記事