新着情報

2024/05/29   BIR in コペ...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   BIR in コペ...
2024/05/28   2024年国際リサ...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   タングステン市場近...
2024/05/28   2024年3月 E...
2024/05/28   アルコニックス:坂...
2024/05/28   SUBARU、トヨ...
2024/05/28   (株)タケエイ「使...
2024/05/28   国際協力銀行:トヨ...
2024/05/28   東鉄田原の製鋼一時...
2024/05/28   UACJ:IR-D...
2024/05/28   中国備蓄局、コバル...
2024/05/28   輸入・国産ナフサ市...
2024/05/28   スポンジチタンメー...
2024/05/28   三和油化工業(41...
2024/05/28   脱炭素の部屋#16...
2024/05/28   MARKET TA...
2024/05/28   東京製鐵:田原工場...

全国初の千葉市条例のポイントは? 弁護士が見た〝中国人スクラップ業者〟問題の法的見解 

届け出制よりも厳しい許可制を全国初で採用したとして注目される、「千葉市再生資源物の屋外保管に関する条例」が11月1日、施行された。再生資源の不適切な保管による火災や周辺環境の悪化に歯止めを掛けることを目的としたもので、急増する〝中国人事業者〟と近隣住民とのトラブルの解決も期待されるが、実効性は? 環境汚染・廃棄物リスク分野を主戦場として手
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る