新着情報

2024/05/29   大和工業:24/3...
2024/05/29   三菱マテリアル:ス...
2024/05/29   Americas ...
2024/05/29   カクヤス 家庭や飲...
2024/05/29   UACJ:IR-D...
2024/05/29   中国 4月の錫鉱石...
2024/05/29   中国 2024年4...
2024/05/29   JEITA半導体部...
2024/05/29   需給ギャップが続い...
2024/05/29   4月以降の合金鉄(...
2024/05/29   2024年4月伸銅...
2024/05/29   5月中旬の中国国内...
2024/05/29   中国企業は史上初め...
2024/05/29   日本の電池セパレー...
2024/05/29   雲南省の電力構造の...
2024/05/29   需要拡大期待でLM...
2024/05/29   BIR国際リサイク...
2024/05/29   2024半導体動向...
2024/05/29   日本伸銅協会、20...
2024/05/29   MARKET TA...

独Aurubisが米国オーガスタにEscrap処理含む二次製錬所を建設決定

Aurubisのプレスリリースが発表されたとき、やはり来たか、という思いであった。 我々MIRU.comE-Waste取材チームでは米国でのこうした動きをに注目していた。年々高まる米国内での自国処理への期待と要請、駄々洩れのスクラップ等の輸出に対する規制要請、批判。なかでもE-Scrapは欧州でも全面的に輸出禁止とすることが議論されており、いずれ米国でもそうなる、とみていたなかでの
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る