新着情報  - News -

2022/12/09   関東鉄源12月テン...
2022/12/09   ニッケル輸出入Re...
2022/12/09   タンタル原材料輸出...
2022/12/09   BatterySu...
2022/12/09   独自のニッチ市場開...
2022/12/09   第13回高機能素材...
2022/12/09   廃プラ輸出Repo...
2022/12/09   モリブデン&バナジ...
2022/12/09   中国ゼロコロナ緩和...
2022/12/09   廃プラ輸出Repo...
2022/12/09   ベステラ、代表取締...
2022/12/09   MARKET TA...
2022/12/09   豪Pure Bat...
2022/12/08   EU、米インフレ削...
2022/12/08   岩谷産業他全9企業...
2022/12/08   GFG Allia...
2022/12/08   豊橋技科大MVCR...
2022/12/08   豊橋技科大MVCR...
2022/12/08   酸化イットリウム輸...
2022/12/08   酸化セリウム輸入R...

日本銅製錬・限りなく貴金属へ傾斜 三菱マテリアル E-SCRAP集荷20万トンへ

2022.01.28 08:56
約40年前にドイツのハンブルグには巨大な銅製錬所があった。しかしそこでは銅鉱石を処理する製錬所ではなく、銅は粗銅でアフリカや世界中から購入して、銅電解する製錬所であった。 当時の日本ではチリなど南米や世界中から銅鉱石を購入して銅製錬所で処理していた。欧州と比べると銅鉱石中の硫黄を燃料として銅を熔解する
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事