新着情報  - News -

2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...
2022/12/06   SUSscrap ...
2022/12/06   2022年10月 ...

アジア合成樹脂市況の近況(No6) 欧米のスタグフレーションの懸念から軟化基調へ

2022.10.03 09:04
アジアの9月の合成樹脂市況は中国・四川省での電力供給制限などの制約からの解消もあり、高密度ポリエチレン、ポリプロピレンは前月比横ばいも、低密度ポリエチレン、ポリスチレン、塩ビ樹脂が軟調な展開となった。9月末では10月の中国の国慶節の連休(10月1日~7日)を控え様子見となるも、当月は米欧のスタグフレーション懸念の高まりから軟調な展開が予想される。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事