新着情報

2024/06/15   MARKET TA...
2024/06/14   鉛バッテリーリサイ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   ロシア産銅が行方不...
2024/06/14   24年銅スクラップ...
2024/06/14   日本製鋼所:中期経...
2024/06/14   SMM、ジャカルタ...
2024/06/14   鉛バッテリーをはじ...
2024/06/14   東邦チタニウム:W...
2024/06/14   第3回 SDGs・...
2024/06/14   2024年4月の国...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   生産動態統計(24...
2024/06/14   産業用電子機器輸出...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   ゲルマニウム輸入R...
2024/06/14   タングステン輸出入...
2024/06/14   アルミ新地金国内港...

出光 阿蘇草原を保全、機能性飼料提供で畜産由来温室効果ガス抑制に貢献

 出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一)は、熊本県南阿蘇村、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、熊本県畜産農業協同組合連合会の三者が推進する「南阿蘇村 草原再生・あか牛復興プロジェクト」の取組みに賛同し、同社100%出資の関係会社が取扱う機能性飼料の提供等を通し、南阿蘇村の畜産業における温室効果ガス(メタンガス)の排出削減技術の実証に向けた支援を開始する。また、「企業版ふるさと納税」の制度を活用した寄付を行い、本プロジェクトの活動を支援する。

 

 世界最大級のカルデラを有する阿蘇地域は、豊かな天然水が湧き出す水源の宝庫。水源は流域にひろがる広大な草原のもつ涵養(かんよう)力により維持されるが、草原の環境保全に大きな役割を果たすのが、畜産業における牛の放牧だ。

くまもとあか牛の放牧風景(写真提供:南阿蘇村役場)(出典:出光興産)

 

 このプロジェクトは、20227月に南阿蘇村・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科・熊本県畜産農業協同組合連合会の三者で提携された産学官協定「阿蘇の農畜産業と環境保全に関する相互連携協定」に基づき、組成された。この協定は、代表的な生産種である「くまもとあか牛」の放牧を通じた草原環境の維持(水源涵養力の保全)を実現するため、畜産業従事者の所得向上や育成、雇用創出など畜産業の持続可能性の向上に取り組む。畜産に起因する環境負荷の一つである牛由来のメタンガス排出抑制を図り、近年ニーズが高まる「エシカル消費」に対応した持続可能な農畜産業の創出を目指す。

 

 同社は、100%出資の関係会社である株式会社エス・ディー・エス バイオテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 徹)を通し、牛のゲップに含まれるメタンガスの排出削減に効果が期待される機能性飼料ルミナップ® の提供、ならびに給与方法に関する協力を行うことで、南阿蘇村の畜産業における温室効果ガス排出抑制技術の実証を支援する。併せて今般、企業版ふるさと納税制度を活用し、南阿蘇村へ寄附を実施し、116日に南阿蘇村より感謝状を授与された。

 

100041695.jpg


南阿蘇村吉良村長(写真左)から感謝状を授与される当社(先進マテリアルカンパニー技術戦略部長 田中 秀憲)(出典:出光興産)

 

100041696.jpg


機能性飼料ルミナップ®(出典:出光興産)

 

 同社は2050年カーボンニュートラル社会の実現に向け、2030年ビジョン「責任ある変革者」、2050年ビジョン「変革をカタチに」を掲げている。昨年11月に発表した 中期経営計画(対象年度:2023~2025年度) では、下記「3つの事業領域」の社会実装を通して「人々の暮らしを支える責任」と「未来の地球環境を守る責任」を果たす。

100041697.jpg

事業ポートフォリオ転換に向けた3つの事業領域(出典:出光興産)

 

 同プロジェクトへの支援は、畜産分野での低炭素化と地域課題解決を目指すものであり、上記3つの事業領域における「多様な省資源・資源循環ソリューション」の開発と社会実装に向けた取り組みと位置付けている。

 

 

(IR universe rr)

 

関連記事

関連記事をもっと見る