新着情報

2024/04/19   経済安保的な意味合...
2024/04/19   苦境の内モンゴル合...
2024/04/19   再び米中対立深まる...
2024/04/19   豪州鉄鋼協会(AS...
2024/04/19   古河機械金属 医療...
2024/04/19   古河電工産業電線 ...
2024/04/19   共英製鋼:24/3...
2024/04/19   住友金属鉱山 20...
2024/04/19   触媒資源化協会 2...
2024/04/19   錫価格が急騰 18...
2024/04/19   米英追加ロシア制裁...
2024/04/19   工作機械工業会3月...
2024/04/19   MARKET TA...
2024/04/19   2024年2月 ア...
2024/04/19   阪和興業(香港)藤...
2024/04/18   日本製鉄:4月17...
2024/04/18   SDGsで注目され...
2024/04/18   中国製の鉄鋼とアル...
2024/04/18   SUSscrap ...
2024/04/18   ロシア「英米制裁、...

アジア地区の銅鉱石加工費(TC)は急落!20ドル台へ 海運の不安定さも下支え

 春節連休中、LME銅価格は安定しながら上昇し、1トン当たり8150ドル付近で効果的に価格の重心を固め、2日連続で大きく上昇した。総合的に見ると、一方で、米国で発表された1月のCPIとPPIのデータはすべて予想を上回り、FRBの利下げ予想はこの影響で再び影を落としたが、銅価格に対する実質的な影響は大きくなかった。一方、足元の銅価格はファンダメンタルズに対する限界感応度が高まり続けており、近いうちに比較的滑らかな上昇相場を一巡することが期待されている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る