新着情報

2024/04/12   住友電工:工場の再...
2024/04/12   エンビプロ:連結子...
2024/04/12   5/29開催 第2...
2024/04/12   コンゴ、コバルトの...
2024/04/12   露ボストチヌイ港寄...
2024/04/12   インジウム輸入Re...
2024/04/12   炭酸バリウム輸入R...
2024/04/12   中国のニッケル銑鉄...
2024/04/12   酸化イットリウム輸...
2024/04/12   酸化セリウム輸入R...
2024/04/12   貿易統計セレン輸出...
2024/04/12   5/29開催 第2...
2024/04/12   中国景気不安後退と...
2024/04/12   為替1ドル=153...
2024/04/12   2024年2月 三...
2024/04/12   欧州からの風:20...
2024/04/12   MARKET TA...
2024/04/11   中国のリン酸鉄、過...
2024/04/11   パナソニック エナ...
2024/04/11   Americas ...

「第9回 Battery Summit in TOKYO」報告④ ビジネス交流会――自民党バッテリー議連の三宅事務局長も来場

 IRUNIVERSEは27日、都内の学士会館で「第9回 Battery Summit in TOKYO」を開催した。講演後のビジネス交流会には、参議院議員で自民党バッテリー議連の三宅伸吾事務局長が来場し、乾杯の挨拶にたった。

 

三宅氏

 

 三宅氏は、「バッテリーは16世紀に軍事用語として砲台の意味があった」と解説し、「現在は、空中・水中ドローン、潜水艦に使われ用途は拡大している」と軍事関連で密接に関係していると指摘した。

 

 今夏で設立して3年が経つバッテリー議連の活動にていて触れ「これまでに補正予算・本予算(獲得に努め、合わせて)1兆円が立ち上がっている。今後、EV、定置用蓄電池分野が大きく花開くということで2030年までに国内150GWの制度基盤に道筋がついた」としながらも「世界で600GWに向けてサプライチェーンなどの問題を解決する必要がある」と言及した。

 

 最後に野球のバッテリーとかけて「息の合うバッテリーのように、様々なビジネスパートナー、アライアンスの種が、この交流会で生まれることを期待している」として、挨拶を締めくくった。

 

 今回のBattery Summitでも例年通り国際的なビジネス交流が行われ、会場は大きな賑わいを見せていた。

 

 

(関連記事)

第9回 Battery Summit in TOKYO (2/27)

「第9回 Battery Summit in TOKYO」報告➀――政策動向、EV・電池市場などを深堀り考

「第9回 Battery Summit in TOKYO」報告②ピックアップ:中国法令やブラックマスで講

第9回バッテリーサミット速報版 吉野先生から仏英韓中とワールドワイドに盛り上がる!

 

 

 

 

(IRuniverse G・Mochizuki)

関連記事

関連記事をもっと見る